戦略4)中学受験に向けての心得 〜目指すべき学校の見定め時期編〜

心得について
スポンサーリンク

いつまでに志望校を検討した方が良いのか、これも結構悩むところです。

今回は、私自身の経験談をもとに目指すべき学校の見定め時期をテーマに記載します。

 

スポンサーリンク

いつから検討必要か?ズバリ、狙い目は小学校4年

こう書くと驚かれる方もいるかもしれませんが、小学校4年生のうちに学校見学をどんどん実施した方が良いです。
(コロナ禍だとオンライン学校説明会も開始されていますので色々と参加した方が良いです。)

本来は、小6の方が偏差値含め妥当性が高まるのですが、高学年に上がれば上がる程、模試等のテストや特訓が土日もあったりと、現実的には学校を見に行く事が難しくなります。

よって、小学校4年生の成績を見て、偏差値+10〜-10という感じで幅広く見に行った方が良いです。

また中学受験を行う場合、私立中高一貫校を見に行ける機会は小学校に通ってる期間ぐらいですのでぜひ、楽しみながら色々と興味がある学校は見に行ってみましょう。

保護者にとって、新たな発見もあったりします。

[関連記事]
戦略37)サピックスの活用術 〜学校説明会編〜
戦略70)中学受験の失敗談 〜志望校の選定編〜

偏差値の上昇/下降に合わせて補足的に小5、6でも見に行こう

私は恥ずかしながらリサーチが足りず、小4から学校説明会/文化祭等を見てましたが、小6の秋にある学校説明会に初めて参加しました。

実はそこが我が息子が最終的に今、通っている学校となっています。

我が家の場合、難易度としてはターゲット層となる学校でしたが、若干、自宅から遠く天下の名門校だった事もあり、たまたまその学校の説明会のみ参加をしていませんでした。

小6の夏以降、成績が伸び始め、サピックスの先生からの押しがあったため、見に行ってきて、やっぱり良い学校なんだなあ、と記憶しています。

サピックスの優秀な先生が子供の実力を見極めて、
この学校に合格出来る実力が付いてきそうなので、ぜひ、学校説明会にまだ行っていないようでしたら、見に行ってください」と。

先生、もっと早く言ってよ、という感じでしたが。。。

つまり、いつの時も気になる学校は、小6になってでも学校を見に行くようにしましょう

[関連記事]
戦略38)サピックスの活用術 〜指導編〜

戦略81)中学受験を通じて気づくこと 〜通学圏編〜

created by Rinker
¥3,080 (2021/01/16 15:18:00時点 Amazon調べ-詳細)

小学校の低学年はレジャー感覚で。

先ほど記載した私が最後に見に言ったその会場にて、
説明をなさっている校長先生が
この会場にいる方で小1~小6までで各学年どのくらい人数がいますか?
と手を挙げさせていました。

一番多かったのが小3、次に小2、小1、小4、小5、小6でした。

はっきり言って、小1〜小3は不要・・・。
というのも最終的にど
の学校を受けれるかは、小学校低学年ではブレ幅が大きすぎて不毛ではあります。

家族でどこかへ遊びに行った方がよっぽど有意義と感じながらも趣味やレジャー感覚での参加であれば良いかもしれません。

小学校3年までは興味があればほどほどに見学等実施し、小学校4年からは幅広くいろんな学校説明会や文化祭に参加しましょう。

ちなみに文化祭もかなり学校によって違いがありますので、ぜひ、見に行く事をお勧めします。

[関連記事]
戦略78)中学受験を通じて気づくこと 〜文化祭編〜

時事ニュースの習得/強化に向けて

最後に本記事とは直接関係ない宣伝となりますが、小学校の低学年の方、及び現在、中学受験真っ只中の方向けの話です。

中学受験では国語での読解力や社会において時事問題が出るケースが多々あります

そういう情報はもちろん塾でも小学校6年生の終盤に重点的に学習ケースが設けられますが、日々の修練が非常に重要になります。

塾に頼らず、日々の生活の中で時事ニュースや中学受験の過去問題をイラスト付きで触れられ、子供向けとして中学受験の基礎教養を身につくことが出来る方法があります。

それが子供用の新聞です。

中学受験を検討されているお子さんだと小学校低学年から読み出すご家庭も多くいらっしゃいます。

幼い頃から時事ニュースに触れることは読解力向上や社会という知識を基礎的に固めていく上で重要です。

子供用の新聞は、読売KoDoMo新聞朝日小学生新聞の2種類が有名で発刊部数も1位、2位となっています。

読売KoDoMo新聞は、週刊で気楽に暇な時に読めてリーズナブルな月額550円という価格設定です。

週に1回お試しに利用しようという方にはこの読売KoDoMo新聞をお勧めさせて頂きます。
ちなみに我が家の息子/娘も読んでましたし、今も引き続き購読しています。


朝日小学生新聞は、日刊で毎日いろんな記事を読めて情報豊富ですが月額1,760円でやや高めの価格設定です。

既に本などが好きで書籍を読むことそのものに慣れている子供の場合は、毎日新しい内容を学べる日刊の朝日小学生新聞をお勧めします。



どちらもオススメの子供向け新聞で中学受験生の多くの方が購読していますのでぜひ、ご検討を!!

 

 

 

✨いつもご愛読頂き有難うございます!記事に共感できる方、心優しい方、面白そうと思う方、お金に余裕のある方、中学受験で悩みのある方がいましたら、投げ銭として「kanaharuの欲しいものリスト」でペンやノート、方眼紙やamazonギフト券等を掲載しておりますので1つギフトをお選び頂き、お届け先住所に"kanaharu"をご選択の上、ご提供頂けると幸いです。差出人名は秘匿でき、ハンドル名で記載変更出来ますので個人名での記載は不要となります。中学受験でお悩みがある場合、メアドをギフトメッセージに記載頂ければそのメアド宛に返信の上、お悩みに関する相談に乗ります。何か分からないことがもし、ありましたらこちらへ連絡お願いします。

コメント