戦略8)サピックスの凄いところ 〜例外編〜

塾について

息子はサピックスに通っていたのですが、こういう子は転塾したほうが良いというケースをテーマに記載したいと思います。

スポンサーリンク

サピックスの授業スピードに耐え、強いメンタルがあるか?

サピックスでの授業内容は非常に高度ですし、進度が非常に早い特徴を持っています
それを踏まえて、要点を整理して以下に記載すると以下の通り。

  • 最下位ブロックに定住し、抜け出せない。
    • そもそも超上位校を目指している塾であるがゆえに中堅校を目指すことになるサピックスでの下位クラスにいる場合、劣等感も宿る。
  • 月次のクラス変動に耐えきれない。
    • クラス変動も激しいので一喜一憂せずに構えられる鬼の心臓が必要になるが、そこがメンタル上、耐えられない。
  • 小学校4年や5年の前半で個別指導等の並用が必要。
    • 小学校4年や小学校5年の前半時点で専業主婦のご家庭で個別塾を横付けで実施しないと耐えきれない場合、そもそも横付けが必要なくその子のスピードに合った塾に通った方が負担が少なくて済む。(サピックスという塾特性には向かない。)

ではそれぞれ詳細について述べて行きたいと思います。

A〜Cのブロックから抜け出せず、苦しい

サピックスのメインターゲットとなる得意とする学校群は、対象としてH〜α1だと思います。

A〜Cでずーっと定住している場合、サピックスの特性上、やたらに難しい問題ばかり解くことになり、基礎定着が困難だと思います。

下のクラスに行けば行くほどやる内容もそうはいえ、若干、簡易なものになりますし、周りの子供のモチベーションも低く、いつまで経っても下のクラスから上がっていくことが難しくなります。

最初はこのブロックにいたが、徐々に上位ブロックに上がって来ているならば問題ないですが、1年近く、どーにもこーにもこのブロックから抜け出せないと言った場合、できれば細かなフォローアップが出来る親身な塾にしたほうが良いです。

クラス変動に耐えきれない。(メンタル上、耐えきれない)

サピックスは、ある意味、常にクラス変動するので良い意味では名誉挽回が月ごとに可能です
その反面、毎回クラス変動に怯えることにもなります。

このクラス変動を良い意味で刺激にし、励みにし、頑張れる子供(親含め)でないとかなり精神面でやられます。

クラス変動が耐えきれない場合、もうちょっとクラス変動が緩和な塾はありますのでそっちに移った方が良いように思います。

 

 

[関連記事]
戦略98)ワーキングママと中学受験 〜塾あれこれ編〜

授業内容が早すぎて、個別学習塾や他の塾も併用している。

サピックスの授業スピードは確かに早いです。

例でいうと小5の社会について歴史が始った際に”旧石器時代から始まり、昭和に入る”という約2,000年分の単元を約3ヶ月でこなします。

当然、サピックス・クオリティなのでそこそこ細部にも及びます。
算数はより緻密で過酷であることは想像しやすいでしょう。

これ常に復習をし続けないと耐えきれないのも事実ですが、別の塾の併用をするようであればその子のスピードにあった塾に転塾しないと苦しいと思いますし、やはり基礎定着の観点で難しいと思います。

小学校5年後半から6年の当たりでの補助的な個別指導ではなく、4年から併用をせざるおえない場合、基礎体力とも言える能力が養われていない可能性があります。

その場合、その子供のスピードにあった塾に転塾した方が良いと考えます。

 

 

[関連記事]
戦略99)ワーキングママと中学受験 〜課金ゲーム編〜

created by Rinker
¥1,254 (2021/10/21 14:21:21時点 Amazon調べ-詳細)

時事ニュースの習得/強化に向けて

最後に本記事とは直接関係ない宣伝となりますが、小学校の低学年の方、及び現在、中学受験真っ只中の方向けの話です。

中学受験では国語での読解力や社会において時事問題が出るケースが多々あります

そういう情報はもちろん塾でも小学校6年生の終盤に重点的に学習ケースが設けられますが、日々の修練が非常に重要になります。

塾に頼らず、日々の生活の中で時事ニュースや中学受験の過去問題をイラスト付きで触れられ、子供向けとして中学受験の基礎教養を身につくことが出来る方法があります。

それが子供用の新聞です。

中学受験を検討されているお子さんだと小学校低学年から読み出すご家庭も多くいらっしゃいます。

幼い頃から時事ニュースに触れることは読解力向上や社会という知識を基礎的に固めていく上で重要です。

子供用の新聞は、読売KoDoMo新聞朝日小学生新聞の2種類が有名で発刊部数も1位、2位となっています。

読売KoDoMo新聞は、週刊で気楽に暇な時に読めてリーズナブルな月額550円という価格設定です。

週に1回お試しに利用しようという方にはこの読売KoDoMo新聞をお勧めさせて頂きます。
ちなみに我が家の息子/娘も読んでましたし、今も引き続き購読しています。


朝日小学生新聞は、日刊で毎日いろんな記事を読めて情報豊富ですが月額1,769円でやや高めの価格設定です。

既に本などが好きで書籍を読むことそのものに慣れている子供の場合は、毎日新しい内容を学べる日刊の朝日小学生新聞をお勧めします。



どちらもオススメの子供向け新聞で中学受験生の多くの方が購読していますのでぜひ、ご検討を!!

 

 

 

✨いつもご愛読頂き有難うございます!記事に共感できる方、心優しい方、面白そうと思う方、お金に余裕のある方、中学受験で悩みのある方がいましたら、投げ銭として「kanaharuの欲しいものリスト」でペンやノート、方眼紙やamazonギフト券等を掲載しておりますので1つギフトをお選び頂き、お届け先住所に"kanaharu"をご選択の上、ご提供頂けると幸いです。差出人名は秘匿でき、ハンドル名で記載変更出来ますので個人名での記載は不要となります。中学受験でお悩みがある場合、メアドをギフトメッセージに記載頂ければそのメアド宛に返信の上、お悩みに関する相談に乗ります。何か分からないことがもし、ありましたらこちらへ連絡お願いします。

コメント