戦略4)中学受験に向けての心得 〜目指すべき学校の見定め時期編〜

心得について
スポンサーリンク

いつまでに志望校を検討した方が良いのか、私自身の経験談をもとに参考までに以下に記載します。

 

スポンサーリンク

狙い目は小学校4年

こう書くと驚かれる方もいるかもしれませんが、小学校4年生のうちに学校見学をどんどん実施した方が良いです。

本来は、小6のほうが偏差値含め妥当性が高まるのですが、高学年に上がれば上がるほど、模試等のテストや特訓が土日もあったりと、現実的には学校を見に行く事が難しくなります。

よって、小学校4年生の成績を見て、偏差値+10〜-10という感じで幅広く見に行った方が良いです。

偏差値の上昇/下降に合わせて補足的に小5、6でも見に行こう

私は恥ずかしながらリサーチが足りず、小6の秋にある中学の説明会を初めて参加しました。

実はそこが我が息子が最終的に今、通っている学校となっています

我が家の場合、難易度としてはターゲット層となる学校でしたが、若干、自宅から遠く天下の名門校だったため、たまたまその学校の説明会のみ参加をしていませんでした。

*ちなみに今、通っている学校を我が家がターゲットにそもそもしなかった理由は以下の記事に書いていますので興味ある方は参考までに見てみてください。

小6の夏以降、成績が伸び始め、サピックスの先生からの押しがあったため、見に行ってきて、やっぱり良い学校なんだなあ、と記憶しています。

サピックスの優秀な先生が、子供の実力を見極めて、この学校に合格出来る実力が付いてきそうなので、ぜひ、学校説明会にまだ行っていないようでしたら、見に行ってくださいと。。。

先生、もっと早く言ってよ。って感じでしたが。。。

 

小学校低学年は・・・

ちなみに先ほど記載した私が最後に見に言ったその会場にて、説明をなさっている先生が、「この会場にいる方で小1~小6までで各学年どのくらい人数がいますか?」と手を挙げさせていました。

一番多かったのが小3、次に小2、小1、小4、小5、小6でした。

はっきり言って、小1〜小3は不要ですよ・・・。

だって、どこの学校受けれるか、小学校低学年ではブレ幅が大きすぎて不毛過ぎると思います。

家族でどこかへ遊びに行った方がよっぽど有意義と思います。
(学校見学が趣味やイベントというスタンスであれば、全然OKかと思いますが。)

✨いつもご愛読頂き有難うございます!記事に共感できる方、心優しい方、面白そうと思う方、お金に余裕のある方、中学受験で悩みのある方がいましたら、投げ銭として「kanaharuの欲しいものリスト」でペンやノート、方眼紙やamazonギフト券等を掲載しておりますので1つギフトをお選び頂き、お届け先住所に"kanaharu"をご選択の上、ご提供頂けると幸いです。差出人名は秘匿でき、ハンドル名で記載変更出来ますので個人名での記載は不要となります。中学受験でお悩みがある場合、メアドをギフトメッセージに記載頂ければそのメアド宛に返信の上、お悩みに関する相談に乗ります。何か分からないことがもし、ありましたらこちらへ連絡お願いします。

コメント