戦略40)サピックスの活用術 〜入試編〜

塾について
スポンサーリンク

サピックスで全ての受講が終わった時の状況、入試時の状況、そして、入試後の状況について、その際の出来事等を通じて入試前後の雰囲気が分かると思います
入試のイメージが掴める情報として記載します、ご参考まで。

スポンサーリンク

サピックスの全ての授業終了後について

サピックスの全ての授業が終了するのは、入試1週間くらい前の1/24だったと思います。
平常授業終了でその週は土曜特訓もなく、SS特訓もないという感じです。

平常授業の最後に修了証と記念品(※毎年違うらしい。今年は高価なボールペンでした。)を渡されます。

うちの息子の場合、1月は過去問をひたすら解くという感じで小学校も1ヶ月休んで対策しており、残り1週間も、ずーっと過去問を解いてましたね。

それでもまだやりきれなかったということを言ってたので、塾がないといってもかなり充実してたように思います。(2/1、2、3のそれぞれの過去問を各教科分、何回かやるので結構大変なのです。)

入試の応援について

よくテレビのニュースとかで、受験真っ只中みたいな感じで学校の校門が映ったりしていますが、まさにコレは現場を見たい、と思い、当日、付いて行きました。(妻には、遊びじゃないんだからね!と、とてもカリカリされて怒られましたが、、、、)

実際に行ってみると、本当にテレビで見たような横断幕を掲げている塾や凄い人数並んでる塾など色々で本当に塾大集合という感じでした。

同日にたくさんの学校で受験があるのでサピックスの担当の先生はいないかなあ、と思いきや、2/1、2/2と連続でお会いできました。

基本的に各校舎1名みたいな感じで応援がおり、各校舎で総勢10名くらいは応援で来てましたね。知らない先生含めエールを受け、握手して、学校の中へ入っていく感じです。

緊張感が高まって行きます!!

いざ、入試!

入試会場に入ると緊張する等あるのかなあ、と思いきや、これが驚きですが、さすが、サピックスという感じで、いるはいるは、サピックスの同じ校舎の連中が

超難関校で受験となると小学生なので知り合いが普通ほとんどいないように思います。

小さい塾や大きい塾でも受験者が同じ塾で同じ校舎じゃないと知り合いではないので。我が家の場合、サピックスで特に大型の校舎に通っていたので土特やSS特訓含め同志が多く、2/1に至っては隣に座った子が同じサピックス生でしかも同じ校舎だったらしいです。

同じ階にも知り合いばかり。
ここがサピックス、凄いですね、入試なのに圧倒的多数派。ホーム感があったようです。

各科目の間は、勉強してろ!と言ってたのにあとで話を聞いてみると廊下やトイレで塾友と喋るという暴挙のオンパレード。。。

その話を息子から聞いた時に、他の子達からするとあいつら何者なんだ?
とアウェイ感も出て、雰囲気に飲まれるような気がしますね。ある意味、サピックスの底力・強さ発揮といった感じ。

サピックス生は普通のマンスリーテストの感覚で入試やってる感じでした。
(緊張感無さ過ぎだろ、なんて思っちゃいました。)

さぴあ の写真撮影

入試が終わり、合格している場合でサピックス公認の「さぴあ」という月刊誌で特定の中学については校門付近で取材班が待ち構えており、取材を受け、写真/コメント付きで載ります。

ちなみに特定の中学について、2019年の3月号では以下が載ってました。

開成中、桜蔭中、麻布中、女子学院中、駒場東邦中、フェリス女学院中、栄光学園中、鷗友学園女子中、聖光学院中、学習院女子中、慶應義塾普通部、豊島岡女子学園中、早稲田大学高等学院中、早稲田中、筑波大学附属駒場中

なお、我が家の息子の学校も上記の中に含まれており、小学校4年の頃から本命として目指していた学校には落ちてしまったので結果的に取材等は受けなかったですが、今思えば、友達も載っていたりするので出れば良かったと言っていますし、親としても記念になるので、上記の学校を目指して合格を取った際はぜひ、写真とコメント付きで映ってみては?

中学入学して面白かったのは、息子と同じ中学で当然、サピックスからもたくさん合格者がおり、中学のクラス名簿を眺めつつ、「さぴあ」を見てると「さぴあ」にコメント付きで出てた子があちこちにいて、息子もこいつ同じクラスだは。と、発見もありますw (「さぴあ」の新しい使い方って感じでした。。)

サピックスの報告会について

サピックスでは、入学者説明会の時期(2/11付近)に報告会という感じで、サピックスに出向き、入学する学校の報告をしに行きます。

塾の先生からの有難いお言葉も頂きつつ、別れをします。塾友ともこの日でお別れになります。

まあ、小学生なので、さっぱりしたものですが。

ちなみに入学先に納得していない子は、この会に来ませんのでご注意を。

今後も繋がる人々

入学後にスマホを持ってる塾友は、LINEでやっぱり繋がりますねー。

今でもサピックスの友達はLINE仲間であり、中間テストがどうとか、部活がどうとか色々な情報交換をしているようです

塾友は同じ学校を目指していても結局、なかなか分散しますね。。。
逆をいうと繋がっておくと違う学校の様子とかが分かるので貴重ではあると思います。

✨いつもご愛読頂き有難うございます!記事に共感できる方、心優しい方、面白そうと思う方、お金に余裕のある方、中学受験で悩みのある方がいましたら、投げ銭として「kanaharuの欲しいものリスト」でペンやノート、方眼紙やamazonギフト券等を掲載しておりますので1つギフトをお選び頂き、お届け先住所に"kanaharu"をご選択の上、ご提供頂けると幸いです。差出人名は秘匿でき、ハンドル名で記載変更出来ますので個人名での記載は不要となります。中学受験でお悩みがある場合、メアドをギフトメッセージに記載頂ければそのメアド宛に返信の上、お悩みに関する相談に乗ります。何か分からないことがもし、ありましたらこちらへ連絡お願いします。

コメント