戦略10)サピックスの凄いところ 〜生徒編〜

塾について
スポンサーリンク

46までサピックスに息子は通っており、塾友も出来ました。
サピックスに通ってる子はどんな子達なのか、生徒をテーマに記載させていただきます。

スポンサーリンク

サピックスの生徒の特徴

サピックスの生徒達はざっくり言いますと以下の特徴がありました。

  • 全体の1/3程度は、私立小学校に通っている。
    • 私立小学校や公立小学校が入り乱れますが、あとは大人しい子、活発な子、色々。
  • 小1、2から通ってる軍団もいる。
  • 頭の良し悪しに関係なく悪は滅びる。
    • 頭が良くても意地悪な子は熱望校に落ちる傾向

また私立小学校に通っていて、小学校低学年から通ってる生徒は小学校4年生時点では上位クラスに滞留しており、サピックスだけでなく、指導塾や家庭教師などキャッシュアウト全開で頑張っているパターンが多い印象です。

一方で意地悪な子や性格が悪い子も存在していて、そういう子は天罰を喰らうかのように本番の中学受験で苦戦している感じです。

後悔しないように健全な日々を過ごす事が重要ですね。

ではそれぞれ詳細を見てみましょう。

1/3は、私立小学校に通っている

たまたまかもしれませんがそのエリアでは中学受験に力を入れている私立小学校があり、そこの子達が多かったです。

私立小学校は基本的に中学も付属しているのですが、そこの場合は付属中学が女子校なので男子は中学受験をするようです。

その他、今の私立小学校よりもランクが高い私立中学を目指して勉強されている方も多い印象です。

サピックス付近の道路で高級車からグレードの高い国産車も並んでおり、割と金持ちのボンボンが集まってる感はあります
服とか靴とかリュックとかもオシャレだったりします。

ちなみに私立小学校や公立小学校が入り乱れる中で、性格に関しては人間なので、大人しい子、活発な子、色々いますね。

私も帰りに迎えに行ったことがありますが私立小学校に通う塾友がターミナル駅で最寄りのタワーマンションに住んでいるという事でしたが、公立の小学校にいる子供達となんら大きく変わらない印象でした

凄く頭良いのにふざけている子供も多数いますし、ある意味、多様性に富んでいて公立小学校の我が家の子供からすれば良い刺激にはなったように感じます。

小1、2から通ってる軍団もいる。

私立小学校に通ってる子供に多いパターンです。

が、結論として早くから勉強してる子がずっと上のクラスにいるかというとコレがそうでもなく、公立の子供が本気を出すとほぼそのアドバンテージは関係なくなります

早くからやることは良いことなのですが、間延びしてしまうような気がします。

短期とあえて表現しますが3年という短い期間でガツンとやる方が効率が良いように思います。

また、だいたい幼い頃から通っている子は当然ながら小4の時点で上位クラスからスタートするのでズルズルと下位クラスに下がってくると特に親が非常に焦るようです

その上で親が子供に激しい圧を掛けてくるという王道のパターンを見聞きしました。

よく我が家の子供が「XXXは、今度のマンスリーでクラス落ちると飯抜きだってー!」と言っており、小学生にも圧力を掛ける世界になったんだ、と感じちゃいました。

因果応報な子供達

これは46を通じて、受験を経て思うことですが、3年も一緒にやっているとクラス変動もそこそこすると結構な仲間が出来ます

そうするとあいつはどこの学校行った、とか子供達の間で、LINE等で情報が巡ります。

その結果を聞いて思うことがあります。

  • 勉強がとても出来るけれど、人をバカにする子供(毎回、塾の先生も注意をするが)
  • 勉強がとても出来るけれど、強気すぎて先生に対して反抗的な子供(毎回、塾の先生がキレている)

上記のいずれかの子供は、少なくともうちの息子の行っていたサピックスではほぼ例外なく第一志望に落ちていました

しかも第一志望校の学校別サピックスオープンで最上位層のランクを取っている子達なので実力値だと抜群であり、「あんなにふざけてても多分、合格するんだろうなあ」と息子や妻が言ってました、が、神様は見ているんだなあと実感します。

なお、さすがに能力は高いのでこれまた第二志望校には確実に合格しますね。
日々の生活において、人を蔑むではなく、善を積む事が大事です

時事ニュースの習得/強化に向けて

最後に本記事とは直接関係ない宣伝となりますが、小学校の低学年の方、及び現在、中学受験真っ只中の方向けの話です。

中学受験では国語での読解力や社会において時事問題が出るケースが多々あります

そういう情報はもちろん塾でも小学校6年生の終盤に重点的に学習ケースが設けられますが、日々の修練が非常に重要になります。

塾に頼らず、日々の生活の中で時事ニュースや中学受験の過去問題をイラスト付きで触れられ、子供向けとして中学受験の基礎教養を身につくことが出来る方法があります。

それが子供用の新聞です。

中学受験を検討されているお子さんだと小学校低学年から読み出すご家庭も多くいらっしゃいます。

幼い頃から時事ニュースに触れることは読解力向上や社会という知識を基礎的に固めていく上で重要です。

子供用の新聞は、読売KoDoMo新聞朝日小学生新聞の2種類が有名で発刊部数も1位、2位となっています。

読売KoDoMo新聞は、週刊で気楽に暇な時に読めてリーズナブルな月額550円という価格設定です。

週に1回お試しに利用しようという方にはこの読売KoDoMo新聞をお勧めさせて頂きます。
ちなみに我が家の息子/娘も読んでましたし、今も引き続き購読しています。


朝日小学生新聞は、日刊で毎日いろんな記事を読めて情報豊富ですが月額1,769円でやや高めの価格設定です。

既に本などが好きで書籍を読むことそのものに慣れている子供の場合は、毎日新しい内容を学べる日刊の朝日小学生新聞をお勧めします。



どちらもオススメの子供向け新聞で中学受験生の多くの方が購読していますのでぜひ、ご検討を!!

 

 

 

✨いつもご愛読頂き有難うございます!記事に共感できる方、心優しい方、面白そうと思う方、お金に余裕のある方、中学受験で悩みのある方がいましたら、投げ銭として「kanaharuの欲しいものリスト」でペンやノート、方眼紙やamazonギフト券等を掲載しておりますので1つギフトをお選び頂き、お届け先住所に"kanaharu"をご選択の上、ご提供頂けると幸いです。差出人名は秘匿でき、ハンドル名で記載変更出来ますので個人名での記載は不要となります。中学受験でお悩みがある場合、メアドをギフトメッセージに記載頂ければそのメアド宛に返信の上、お悩みに関する相談に乗ります。何か分からないことがもし、ありましたらこちらへ連絡お願いします。

コメント