雑談

雑談

番外編31)コロナウィルスによる影響 〜判断と行動〜

昨今、コロナウィルスが厚労省の斬新なリーダーシップと卓越した判断によって、加速度的に感染が深刻化しています。 そんな中で私立中学も独自に施策が動き出しましたし、我が家の周りの動きについても記載したいと思います。 前提 コロナウィルスについて、言わずもがなな部分もありますが、前提として以下に記載します。 コロナウィルスについて 2019新型コロナウイルスは、正の一本鎖RNAウイルスである。 SARS-CoV-2のコンピュータによる再構成イメージ(Wikiより引用) 人に対して病原性があり、COVID-19(2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患)を引き起こす。 分...
雑談

番外編30)二月の起死回生(小5版) 〜意地と躍動〜

二月は中学入試シーズンで当ブログでも追っかけていましたが、我が家の娘の通っている校舎でも2020年の実績が出揃ってきました。 それと並行し、以下の記事の通り、我が家の娘も新小6として新たな年度が始まり、気合を入れ始めていました。 昨今、日能研の新小6の公開模試もあり、偏差値もズバリ出ており、上記の続きとして記載します。 我が家の娘が日能研の今の校舎に通わせている理由 我が家の娘の通っている日能研の校舎は、6年程前に近所のお子さんが通っていた時代が全盛期で、男子は、開成・麻布、栄光学園、聖光学院、浅野など、女子は、桜蔭や雙葉、フェリス、洗足学園女子などの実績がありました。 ...
雑談

番外編29)真冬の絶壁(小5版) 〜ママの真剣勝負〜

今回は、以下の話の続きです。 新小6になるに当たり、一番上のクラスではなく、1つ下のクラスに下げる提案を受け、改めて面談することになりました。 前提 前回の記事とやや重複する部分と新たに分かった情報もあったので以下に整理し、記載します。 日能研(我が家の通ってる校舎)の不満点 日能研に対して、なかなか不満が溜まってきた我が家ですが、一旦、今後どう進めて行くかの検討のテーブルに着くことになりました。 不満点は以下の通り。 成績が下がってきている中で塾からのフォローアップ/声掛け等がない。 サピックスでは科目ごとに指摘事項等をノートに書かれていたり、少なからず、指...
スポンサーリンク
雑談

番外編28)疾風のリ・ビルド(中1版) 〜初の実力テスト〜

我が家の息子の中学は、1学期、2学期それぞれで中間・期末を行うものの明確な順位は出ません。どの点数帯に何人いるかがざっくり分かります。言うなれば、60〜69点はXX名というように表を渡されます。 年始の中旬に毎年実施するこの実力テストは、各学年で唯一全ての科目の順位が出て、且つ、合計値の総合順位及び各科目の順位として上位50名は名前付きでランキングが紙で配布されます。 学年人数は言えないものの鉄緑会指定の男子校の中学ですので規模は自ずとイメージ出来るかと思います。 今回は以下の話の続きになります。 皆、優秀な生徒の中で各教科でどんな順位で仕上がってくるのか、非常に怖い状況です。 ...
雑談

番外編27)展開図への理解 〜「究極の立体<展開>」のレビュー〜

小学校5年の終わり頃から小学校6年になった際に算数にて、”立体切断”とともに立体の”展開”に関する問題が出てきます。 具体的な問題としては「以下の図の通り、立方体ABCD-EFGH があるとき、その展開図 あ 〜 こ は、それぞれ A 〜 H のどの頂点となりますか。」といった形式となります。 今回は、前回の立体切断に引き続き、株式会社花まるラボというEdTech分野(EducationTechology)として、知育/教育アプリ等を開発されている会社にて「立体展開」への理解を深めるiOS/Android向けアプリ「究極の立体《展開》」が2020/1/16にリリースされております。今...
2020.01.21
雑談

番外編26)年明けの激震(小5版) 〜母娘の憂鬱〜

我が家の娘は日能研の5年生であり、2月より新6年になります。日々、テストも多く、振り返ると絵に描いたように小4から徐々に成績を落としていました。 そんな中で日能研から1本の電話がありました。今日はその話をしたいと思います。 前提 我が家の娘は、近くの日能研に小学校4年生の時から通っております。同じ小学校の友達や幼稚園の時の友達も多く、楽しそうに通っています。 日能研のクラスは3クラスに別れていますが、入塾時からずっと一番上のクラスに属しており、今でも一番上のクラスにいます。日能研ではクラスを分けた上に月次テストを元に席順を前から良い成績順に座る形式になっています。 我が家の娘は小学校4...
心得について

戦略112)中高一貫校を真剣に考える 〜入学後の課題編〜

我が家の息子は中高一貫校に通っており、娘も中高一貫校を目指しています。 前回の記事で「入学後のリアル」ということで入学後に感じた事柄をザクッと記載しました。今回は、中高一貫校に通って見て入学後の課題(不満)ということでここはどうなのか?と思う部分についてを記載したいと思います。 なお、課題を記載しますが、課題以上に満足な部分の方が多いというのが個人的な見解ですのであくまで参考までというイメージで閲覧いただければと思います。   中高一貫校を真剣に考えるシリーズに関する他の記事を見たい方は以下を参照お願いします。 戦略106)中高一貫校を真剣に考える 〜人気編〜戦略107)中高一貫校...
2020.01.12
心得について

戦略111)中高一貫校を真剣に考える 〜入学後のリアル編〜

我が家の息子は中高一貫校に通っており、娘も中高一貫校を目指しています。 中高一貫校はいろんな学校がある中でどうしても大学進学という実績面を見がちですが、思った以上に大変なこともあったり、貴重な事柄もあったりと色々とあります。 今回は、中高一貫校に通って見て分かる入学後のリアル(現実)についてを記載したいと思います。 中高一貫校を真剣に考えるシリーズに関する他の記事を見たい方は以下を参照お願いします。 戦略106)中高一貫校を真剣に考える 〜人気編〜戦略107)中高一貫校を真剣に考える 〜偏差値50未満編〜戦略108)中高一貫校を真剣に考える 〜偏差値60未満編〜戦略109)中高一...
2020.01.12
雑談

番外編25)年末のリ・スタート(中1版) 〜ママの情熱〜

我が家の息子も中1になり、もう2/3が終わりました。1学期の中間・期末試験、2学期の中間・期末試験で何となく、どんな難易度のものが出てくるかなどが分かったような状況です。 尚、我が家の息子の通っている学校は特に中間・期末などで順位は出ませんが、学期ごとに10段階評価が付き、その評定とともに前提の人数分布の紙が渡されます。正直見ていると大きく沈んでいる子もちらほらいますが、綺麗な山なりの放物線を描くように中央値が見て取れます。谷みたいなものはないですね。 ちなみに、年明け早々に1年間で唯一、各科目及び全体の順位が可視化される実力試験というものが予定されています。ここは1学期、2学期でやった問題を...
雑談

番外編24)乙女心と冬の空(小5版) 〜共学への憧れ〜

昨今、勉強に熱が徐々に入って来た娘。とはいえ、今まで「共学は嫌だ」「セーラー服が良い!」と息巻いていた娘がここに来て「共学校も良いかな」と言い始め、我が家はびっくり。今回は、その真相を探りました。 前提 我が家の娘は、ずーっと女子校が良い、どうせ、行くなら可愛いセーラー服の学校が良いと小学校3年生の頃から言ってました。 (;๏д๏) ←2年前のパパ(自分)「なんでそんなに女子校が良いの?」 (;๑•﹏•) ←2年前の我が家の娘「男子がからかってくるし、うざくてヤダ。」 (;๏д๏) ←2年前のパパ(自分)「ふーん、まあ、女子校でもパパは全然良いよー。←正直どっちでも良い。」 (;๑•﹏...
2019.12.28
雑談

番外編23)YouTubeの魅力 〜TVより面白いチャンネル〜

中1の息子は未だに取り憑かれたようにYouTubeを見ています。お前はアホか、と思いつつ、YouTubeの面白いチャンネルを教えてくれたりします。うーん、見てみると結構、面白い。という事で今回はこれは参考になるなあ、というものと私自身が見てもTVより面白いな、と思うものの2軸でYouTubeでのお勧めのチャンネルをご紹介したいと思います。もちろん、一部、中学受験にも関わるものも含めます。 参考になると思うチャンネル まず、参考になるな、とちょっと思うものをいくつかピックアップしました。 BUCKET LIST 「BUCKET LIST」って英語の意味で分かります??この単語でピ...
2019.12.25
心得について

番外編22)若手ママへ’2019 〜塾選びと通塾タイミング〜

最近、年末にも差し掛かり、飲み会が多く開催されています。私の周りも例外ではありません。そんな中、子供の教育や通塾についてどうしようか悩むご家庭も多いようです。 特に今、幼稚園生で来年小学生になる子供がいるご家庭で今後の方針としてどうした方が良いか、経験者という観点で我が家に意見を求められるケースもあります。 そこで今回は、最近の話題も元にしつつ、通塾タイミングはいつがベストなのか?またどんな準備をした方が良いのか?ということで6歳〜10歳くらいの子供を持つ若手ママ向けに2019年版として記載したいと思います。 前提 Twitterでリツイートさせて頂きましたが以下、2018年の各種塾の...
2019.12.28
雑談

お知らせ)本ブログから読み解く中学受験ママの興味について

本ブログが開設されてから12月1日で約5ヶ月が終了しました。(令和元年が終わる頃に約半年が終わるということになります。) このブログ、実はまだ若いんですw とはいえ、順調にアクセスされるユーザ数も増えていることから当ブログを見て頂いている方々には深く感謝致します。 そこで今回は、感謝の意を込めて、中学受験においてどこに興味がある方がこのサイトに見に来て頂けているのか等分かる部分も多いこともあり、折角なのでこちらで把握出来る事柄について共有させて頂きます。 また、アドセンスやアフィリエイトの収益もどんな感じなのか、うっすら興味のある方もいるかもしれませんのでそちらも折角なので公開させて頂きます。...
2019.12.29
雑談

番外編21)娘と朝勉(小5版) 〜鬼の沈黙と微笑〜

夏頃から娘の成績が下降していき、ママが鬼のように怒ることもしばしば。 みかねて勉強スピードが早かったり、理解出来ない中でガンガン伴走しているのは良くないよー。と伝えたところ、鬼が私の方にも向き、「だったらアナタが教えなさいよ!」と鬼がさらにキレ始めました。 そこから毎日、朝に勉強することがパパの役目になってしまったのでそれに関して記事にしたいと思います。 前提 そもそもなんでこんな話になってしまったのかについて記載したいと思います。それはある土日でゆっくりしていた時のことでした。 ∑(゚Д゚ )←我が家のママ「最近、私がみるとこんな簡単な問題が!と頭に来てしまい、疲れるので休んでくるか...
2019.12.28
雑談

番外編20)塾との面談にて(小5版) 〜志望校の方向性〜

昨今、我が家の娘の塾で志望校に関する面談をするという事でママが行ってきました。我が家の娘は小学校5年生であり、保護者にとっての初めての塾との面談になります。 我が家は既に受験経験済みなので塾の先生の愚痴なんかも聞きつつ、後ろがいなかったようで1時間くらい話をしたとのこと。折角なのでそれを記事にしたいと思います。   前提 我が家の娘は近くの日能研に通っています。面談に当たっては事前に以下を記載した紙を提出しています。 志望校一覧 兄妹の中学受験の有無 兄妹が中学受験済みの場合、学校名の記載 上記をベースに面談/議論することになります。 志望校について では早速、志望...
2019.12.28
雑談

番外編19)初冬の衝撃(中1版) 〜ブルジョア家庭〜

我が家の息子が通っている超難関中学の友達の話を聞いているとお金の価値観や庶民的な価値観等に関して驚くことがあります。 恐らく私立中学に通学した場合のあるあるな話でもあるような気もしましたので今回、特に”ブルジョア家庭”にフォーカスし、記載しています。 前提 我が家の息子が通っている中学のご家庭での保護者のご職業は聞いてるともちろん普通の会社員もいるのですが医者の方が多そうに聞こえます。 また弁護士などの士業に着いている方も多いようです。うーん、やはり相対的にお金を持ってらっしゃる職業の方が多そうです。 部活の帰りにて 我が家の息子は運動部としての部活に入ってます。その帰...
2019.12.29
ツール

戦略94)中学入試に向けて 〜ツール編〜

私の勤めている会社でもワーキングママさんがいます。 私が中学受験に詳しいと人づてに聞いたらしく最近ちょくちょく相談が来るのでその相談内容も含め記事にしたいと思います。中学入試に向けての保護者の情報整理が今回のフォーカス・ポイントとなります。 前提 最近、出来るワーママである既腕の方が中途採用で入った来ました。ちなみに年齢も上の大先輩さんになります。そのワーママさんには小6のお子さんがおります。 ヽ(゚Д゚ *)ノ ←うちの会社の凄腕ワーママさん「あんたさあ、中学受験詳しいんだってね。」 (;๏д๏) ←怖がる自分「はい、割と詳しいですね。。。どうしました?」 ヽ(゚Д゚ *)ノ ←うち...
2019.12.28
雑談

番外編18)初冬の遺憾(中1版) 〜超難関中学のエリート意識〜

我が家の息子は現在、鉄緑会指定の超難関中学の1年生です。楽しそうに今でも通っています。部活や勉強も頑張っているようで何よりです。 YouTubeも相変わらず全開で見ています。妻キレています。そんな中、最近、なんとなくエリート意識が高まっているなあ、と感じる出来事が多いです。その度、親として色々言ってますが周りの環境含め教育って難しいなあ、なんて思います。 今回は超難関中学に通っている方に共通して芽生えてしまう可能性のあるエリート意識について記載したいと思います。 合格してからを振り返る(調子に乗り始める息子・・・) 超難関中学に合格し、通学し始めてから息子は近所の方にも褒められることが...
2019.12.28
雑談

番外編17)超難関中学のママ懇親会(中1版) 〜秋の陣〜

昨今、息子の通う超難関中学においてママ(保護者)が集う懇親会があり、我が家のママも参加して来ました。 また、昨今の学校のテストや補習など色々と話をしたそうです。今回はその雰囲気含めどんな感じか聞いた範囲でお伝えします。 ママ懇親会について ママ懇親会は、ざっくりいうと中学の同じクラスのランチ会です。約40名が一同に介して席をくじ引き等で決めて、色々なママさん同士でお話をし、親睦を深める会のようです。いくつか分かった事柄あるので以下の通り、共有します。 お上品なママ達。 小ぎれいなママさんもいれば、ザッツおばさんのような方もいるのですが、共通点はやはり私立中学に通わせているので上...
2020.01.04
スポンサーリンク