番外編1)超難関中学入学後の様子(中1版) 〜SPRING編〜

中学受験後の生活
スポンサーリンク

私の息子は今年、中1です。もうすっかり友達も出来て馴染んでいる様子。そんな中、初めての中間テストや体育際などを体感しましたので折角なので超難関中学での様子や状況も以下に記載したいと思います

知人に別の学校なのですがそちらの学校もちまたで言うところの超難関中学であり、聞いた感じ、勉強面においての環境はかなり近かったので超難関中学に入学するとこんな感じなんだあとイメージ頂けると思います。

※当サイトでの超難関中学の定義は、首都圏模試センターの偏差値70以上の学校を指しています。

スポンサーリンク

標準の教科書は3年分を一括で配布され、お蔵入り。

入学後すぐに教科書をかなりの量配布され、スゴイ量だなあ、と思ったら、息子曰く、「これ使わないんだって〜。義務教育用の教科書なので配布のみで他に別で教科書来るらしい。」

そう、そうなんです。別で教科書や学校専用プリントがあり、そちらをがっつり利用した授業スタイルのようです。

created by Rinker
¥1,386 (2020/10/27 02:49:19時点 Amazon調べ-詳細)

小テストが多い

息子は、受験合格以来、取り憑かれたようにフォートナイトと言うゲームにハマっており、大丈夫かよ、と思ってたのですが、入学後は、度々、リビングで1人で勉強したりしてたのでやっとやる気出して来たのか、と思いきや、「明日、小テストなんだよ」と

なるほど。そうやって基礎定着させていくのね、学校は

入学してからやたら小テストと言う言葉をよく耳にするようになりました

中間テストは9科目

私自身の中学時代を思うと国語、数学、理科、社会、英語の5科目だったはずがここの学校の場合、その学校の正式な教科名称は伏せますが、

  • 数学:代数、幾何みたいな感じで2科目
  • 国語:現代文古文/読解みたいな感じで2科目。
  • 理科:化学生物みたいな感じで2科目。
  • 社会:公民地理/歴史みたいな感じで2科目。
  • 英語:オーラルグラマーみたいな感じで2科目と思っていたが、テスト自体はミックス版で1科目。

という形で細分化されており、もはや高校と一緒??うーん、これはしんどい。

が、こういうのを中1からやって行くということはそりゃ、進学実績良いはずだ、と思っちゃいました

中間テスト結果からみるレベルの高さ

各科目のテスト内容を見るとコレが中学1年生が解く問題なのか、と言う程、レベルが高い
そもそも授業の進展スピードも早いので割と英語とかみても、もうそこまでやるのね、という印象。

しかも、そのテスト内容で平均が割と相対的にどの教科も高いし、補習の基準点も高め
(補習の基準点とは、基準点以下の人は補習を受ける必要があるという点数のこと。平均点の10〜20点以下で、補習・・・。ある意味、面倒見が良いw)

平均点が100点満点中、基本的に70点前後です。

うーん、内容みた感じ、公立中学だと、余裕で平均点は30点以下になるのではないか、と思います。

うちの子供は結果、真ん中くらいでしたが、早速、1教科だけ補習対象になってました。
まあ、ぎりぎりで補習しないより、良いことなのですがね。

体育祭が本気でスゴイ

既に体育祭を実施済みで特に体育祭が盛り上がると聞いてましたが、本当に迫力があり、普通にイベントを見に行く感覚で面白かったです。

というのもこの学校の体育祭は、中1から高3の全6学年で、複数のチームに別れて点数を競うのですが、その各競技は高3が同じチームに所属している中1〜高2に戦略的な指示を含んで体育祭までに綿密な指導をし、当日までに入念に練習を繰り返し実施します。

体育祭当日は、先輩からの戦略通りに動いて、自分のチームが勝利するよう、真剣に競技を実施します。本気の勝負で、且つ、怪我しそうな程、激しいぶつかり合いでした。

なお、息子に聞いたら、体育祭の翌日は包帯巻いている人がやたらに居た、とのこと。(汗

ちなみに体育祭が終わった後、高3を中心に同じチームメンバー(中1 〜高3)で打ち上げを実施しており、息子も楽しかったようです。

部活は厳しいところと緩いところと二極化

これは偏差値問わず、どこの学校でもある話で一緒かも。

なお、部活によっては運動部でも自主裁量が認められており、基本的に部活に所属しつつ、勉強がおぼつかないなら、勉強が最優先ということを顧問の先生方は言っているようです。

さすがにそこは進学校!

全体的に自分の中学時代と比べると、全然レベルが違う、と驚きと感動が多いです。
(まあ、自分が公立中学や中堅私立高校だったので、そもそもレベルが違うのですが。)

✨いつもご愛読頂き有難うございます!記事に共感できる方、心優しい方、面白そうと思う方、お金に余裕のある方、中学受験で悩みのある方がいましたら、投げ銭として「kanaharuの欲しいものリスト」でペンやノート、方眼紙やamazonギフト券等を掲載しておりますので1つギフトをお選び頂き、お届け先住所に"kanaharu"をご選択の上、ご提供頂けると幸いです。差出人名は秘匿でき、ハンドル名で記載変更出来ますので個人名での記載は不要となります。中学受験でお悩みがある場合、メアドをギフトメッセージに記載頂ければそのメアド宛に返信の上、お悩みに関する相談に乗ります。何か分からないことがもし、ありましたらこちらへ連絡お願いします。

コメント