まえがき~スタートはここから~

心得について
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

2019年に長男の中学受験が終りました。
それは中学受験を自分たちが経験していない夫婦においての挑戦でした。
息子が中学受験を希望してから塾や巷にあふれている中学受験に関する情報を上手く活用し、
「僕らの戦略受験」は始まり、見事に成功に至ることが出来ました。

息子は東大合格を数多く輩出する超難関の鉄緑会指定でもある中高一貫校に合格することが出来、楽しく学校に通っています。(当サイトの超難関中学の定義は、首都圏模試センターの偏差値70以上の学校を指します。)

中学受験を通じて、親として理解/認識しておくべき事柄、及び、個々の子供に合わせた中学受験の戦い方があると感じており、それをぜひ、2019年以降の親世代にも伝えたいと思い、ここに記したいと思います。

created by Rinker
¥1,628 (2020/04/07 14:25:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,650 (2020/04/07 21:52:08時点 Amazon調べ-詳細)

MARCHの母親と日東駒専の父による奔走

私は氷河期世代の2児の父です。


首都圏内の公立の小学校、中学で過ごし、日東駒専のククリとなるいわゆる某付属校に高校から入学し、そのまま大学もエスカレーター式に進みました

もともとは、付属ということで最悪そのまま上(大学)に上がるという考えで入学したものの、人間とは弱いもので他大学への入試を挑戦せず、そのまま付属大学への進学を決めました。

ここに付属校に行った人だけが分かる、ぬるま湯の世界観が存在します。

理系学部に進学後、私は学歴が低いことを在学中に認識しており、当時、まだInternetがISDN回線であった時代にWebを立ち上げて、広告収入などを得たりしていました。

まだリクルートナビもなく、ハガキが主流の時代だったので、珍しく、それが就職活動においてもアピールポイントに繋がり、某メーカに就職することが出来ました。

なお、メーカというのは製造業、いわゆる薄利の中で製造し続ける業態のため、収入が高くなる構造になり難いですし、製造業の限界を感じ、自分自身の技術力も活かせ、且つ、業種として月額で利益を上げ続けられる通信事業社へ転職することでより大きな仕事をやっていきたいと思い、無事、転職でき、今に至ります。

中学受験は中立派で、送り迎えや日々様子を見る程度、時折、塾の説明会に参加し、常時、妻から状況を聞いていました。私が勉強を教えることはほぼなかったです。

受験における学校選定にあたり説明会/文化祭などは率先して参加/チェックをしました。私自身、経済的な支援がメインなので、自分の考えに合わない学校に息子を通わせたくないし、お金を出す以上、より良いところへ行ってほしいと思い学校選定には大きく関与しました。

⭐️時事ニュース等の強化(子供向け新聞)⭐️
時事ニュースや中学受験の過去問題をイラスト付きで見やすく子供用の新聞として発刊されている新聞をご存知ですか?
中学受験を検討されているお子さんだと小学校3年生から読み出すご家庭もあります。
・週刊で気楽に暇な時に読める読売KoDoMo新聞はリーズナブルで月額550円で我が家の息子/娘も読んでます。




・日刊で毎日いろんな記事を読める朝日小学生新聞ははやや高めですが月額1,760円です。



どちらもオススメの子供向け新聞です。中学受験生の多くは購読していますのでぜひ、ご検討を。

妻は、同世代で地方の公立で小・中・高と過ごし、MARCHと呼ばれる大学群の一角に進学しました。
文系でやはり就職氷河期であったけれど、驚くことに業界が異なる有名企業の内定を5社以上Getしており、結局、某金融機関に勤め、私と結婚し、今に至っています。

ほんわかとしている半面、地頭が良いタイプだとは思います。
受験に関しては、つぶさにいろいろな情報を収集し、私や塾へ適宜相談をしていました。
徐々に中学受験への執念や熱意が強くなっていき、母親の狂気恐るべし。と思うことも多かったです。

超難関中学への合格に向けて

長男が受かった超難関の中高一貫校に関して、このレンジの中学群はいろいろな塾が出している偏差値表は当てにならない異次元の世界観であることをまず、理解したほうが良いです。

具体的には、通常の塾の月次テストは受験生の中央値をベースとして難度がバランス良く出ています、もしくは割と安易な問題が多いため、出来る子は落とさず、正解を導けばおのずと点数が高くなり、偏差値も応じて高くなります。

一方で入試になると上記のレンジの中学群はそもそも例年受験してくる子立ちの中央値を意識して且つ、個々の学校の特長に応じた試験へ様変わりします。

小学6年の夏までは通常の偏差値表を基準にせざるおえない部分はありますが、入試における問題に明らかな各学校の差分/特長があるため、目安でしかないことを親・子供ともに6年の秋までに心得る必要があります。

特に超難関の中学はこういう子に入ってほしいというメッセージが込められた入試内容になっているため、ある中学は記述が多かったり、ある中学はとにかく問題数が多い等、特殊性が増してきます。
(ここに記述しているのは、首都圏模試センターの偏差値70以上の中学が主に対象になってきます)

よって、秋からは各塾が行っている学校別特訓が非常に重要になってきます。

ここを見誤ると、「落ちると思わなかった・・・」という”黄金のフレーズ”両親から吐き出されることになりますよ。

⭐️事前学習/復習強化の一手⭐️
何か事前学習させておきたいと考えている保護者の皆様、資料請求は完全無償ですので検討してみる価値があります。通信教育のZ会。





「小学校へ入学する前に基礎的な力をつけておきたい…」「先の受験を見据えて、力をつけることができるのだろうか…」「中学受験を考えているけれど、習い事を続けながら志望校合格したい…」「志望校合格まで、今やるべきことって何だろう…」各段階で抱える悩みはそれぞれ。それの助けの1つになるかもしれません。

コメント