特別11)2020年中学受験スペシャル 〜東京・神奈川@午後入試の動向編〜

入試本番
スポンサーリンク

東京・神奈川入試ももうほぼ終わりました。

今回は「東京・神奈川の”午後入試”の動向」という事で2/1〜5の午後入試にフォーカスし、昨今の傾向等の振り返りやそこから得られる教訓含め記載します

今後、中学受験を控えているご家庭は教訓事項を理解頂くと良いかと思います。

 

スポンサーリンク

前提

情報元は市進学院の情報とします。また偏差値について日能研の情報を元に記載します。

学校のピックアップはすみませんが例年の人気校等を加味しつつ、私の独断と偏見で選別致しました。
2020年の受験傾向の振り返りや2021年以降を占っていければと思います。

ちなみに午後入試については、4教科、2教科、算数選抜のように種類が別れます。ちなみに科目が減るごとにある科目で失敗した場合にリカバリーが効かなくなります

1教科となる算数選抜の場合、凡ミスした時点でドボンになることから倍率よりもその時の子供のコンディションが全てとは感じます。一方で受験の負担が少ないということで人気があるので今回その実質倍率も見つつ、見解を示したいと思います

また4教科、2教科、算数選抜というように3種類に分類し、また各日程順に記載をしたいと思います。

4教科での午後入試

4教科の午後入試は午前に既に4教科受験をしている中でのタフな勝負にはなりますが、どこかの教科でポカをしても他の教科でリカバリーが取れるある意味粘って勝ちに行ける試験と言えるかと思います。

2/1の午後入試(4教科)

基本的に実質倍率はどこも高めです。大幅減の三田国際と広尾はそもそも上がり過ぎている感があったのでやっと頭打ちになった印象です。

学校名偏差値別学/共学区分2018年実質倍率2019年実質倍率2020年実質倍率2020年傾向(昨対)
昭和女子431.22.6⬆️(大幅増)
三田国際544.22.43.4⬆️(大幅増)
開智日本橋553.05.14.2⬇️(大幅減)
都市大等々力562.92.92.7↙️(微減)
広尾(本科)633.93.73.1⬇️(大幅減)
広尾(インターSG)644.13.82.7⬇️(大幅減)

2/2の午後入試(4教科)

いずれの学校も人気が高いため、この偏差値帯の方々よりも上位で安全校の位置づけで受験される方が受けに来ることになり得るため、この実質倍率以上に突破が難しいのではないかと感じます。

学校名偏差値別学/共学区分2018年実質倍率2019年実質倍率2020年実質倍率2020年傾向(昨対)
三田国際534.94.22.2⬇️(大幅減)
青山横浜英和552.53.64.5⬆️(大幅増)
都市大等々力565.44.04.5⬆️(大幅増)
中大横浜582.73.33.0↙️(微減)
広尾(医進644.85.43.4⬇️(大幅減)
created by Rinker
みくに出版
¥1,320 (2020/02/28 15:02:43時点 Amazon調べ-詳細)

2/3の午後入試(4教科)

どの学校も倍率が安定していない状況。青山学院横浜英和は、更に来年以降も実質倍率が高まる予感がします。

学校名偏差値別学/共学区分2018年実質倍率2019年実質倍率2020年実質倍率2020年傾向(昨対)
清泉512.42.92.2⬇️(大幅減)
開智日本橋527.19.67.7⬇️(大幅減)
共立女子533.96.05.8↙️(微減)
三田国際MST544.03.33.3➡️(横ばい)
青山横浜英和553.33.64.5⬆️(大幅増)
都市大等々力561.83.93.8↙️(微減)
created by Rinker
¥1,650 (2020/02/28 07:43:36時点 Amazon調べ-詳細)

2/4の午後入試(4教科)

他にも学校はあるのですが実質倍率が異様に高く跳ねていたのでピックアップしました。

安全校として最低でも三田国際には入りたいと思う上位層の方、もしくは別の安全校に合格済みで最後に再度、チャレンジとして挑みたいという方々が入り乱れる乱打戦といった形で実質倍率が大きく跳ね上がっていると推察します

来年はこの実質倍率をベースに回避されるご家庭も多くなるようにも感じます。

学校名偏差値別学/共学区分2018年実質倍率2019年実質倍率2020年実質倍率2020年傾向(昨対)
三田国際548.14.911.7⬆️(大幅増)

2/5の午後入試(4教科)

明大八王子は地域柄、西東京に住んでいる方が、熱望組、チャレンジ組含めごそーっと毎年、参戦していくように感じます。

シビアな倍率が安定的に今後も続くものと推察します

学校名偏差値別学/共学区分2018年実質倍率2019年実質倍率2020年実質倍率2020年傾向(昨対)
明大八王子5613.711.812.0↗️(微増)

2教科での午後入試

2教科の午後入試は午前に既に4教科受験をしている中で2教科のみで終わるので4科目実施するよりも負担が軽く、多くの学校で採用されている形式となります

2/1の午後入試(2教科)

東洋大京北、日本大学など共学の付属校は軒並み難化が進んでいるように見えます。

東京女学館やカリタスなどの古豪が急に実質倍率が跳ねた状況ですが、来年はどうなるのかは読めません。この倍率を元に来年は別の学校に回避するご家庭もいると思います。

学校名偏差値別学/共学区分2018年実質倍率2019年実質倍率2020年実質倍率2020年傾向(昨対)
実践女子391.11.21.0↙️(微減)
跡見(特待421.61.62.0⬆️(大幅増)
東洋大京北451.45.05.1↗️(微増)
関東学院462.12.03.0⬆️(大幅増)
明治学院471.82.22.7⬆️(大幅増)
神奈川学園471.61.61.8↙️(微減)
カリタス481.21.25.0⬆️(大幅増)
青稜512.13.63.3↙️(微減)
日本大学522.62.03.8⬆️(大幅増)
東京女学館531.81.72.5⬆️(大幅増)
桐蔭542.94.01.7⬇️(大幅減)
國學院久我山552.22.22.3↗️(微増)
都市大附属572.02.93.2↗️(微増)

2/2の午後入試(2教科)

こちらも香蘭や日本大学などの付属校の実質倍率が高めです。立地としてどこからでもアクセスしやすいと人が集まりやすい傾向はあるかもしれません

事前の出願倍率を見た上で動きを取ったほうが良いかもしれません。
(当ブログでは、出願倍率ではなく、実弾となる実質倍率をベースに記載しています。)

学校名偏差値別学/共学区分2018年実質倍率2019年実質倍率2020年実質倍率2020年傾向(昨対)
藤嶺藤沢401.61.71.5↙️(微減)
実践女子401.11.21.0↙️(微減)
跡見401.21.21.8⬆️(大幅増)
日大豊山女子411.11.11.5⬆️(大幅増)
日本大学483.94.49.1⬆️(大幅増)
穎明館502.82.7↙️(微減)
山手学院512.12.53.9⬆️(大幅増)
開智日本橋524.77.25.8⬇️(大幅減)
青稜532.44.93.5⬇️(大幅減)
東京女学館542.21.92.8⬆️(大幅増)
普連土541.71.82.1↗️(微増)
香蘭59新設4.55.8⬆️(大幅増)

2/3の午後入試(2教科)

暁星の20.6倍は震えますね。恐らく来年は多くの方が回避することになり、実質倍率は来年以降、もっと減ると推察します。

なお、どの学校も実質倍率はかなり高めになっている傾向です。

実践女子については逆に女子の場合でこの偏差値近辺のお子さんは非常に狙い目であるということは言えます

学校名偏差値別学/共学区分2018年実質倍率2019年実質倍率2020年実質倍率2020年傾向(昨対)
実践女子431.01.21.3↗️(微増)
日大豊山444.34.76.4⬆️(大幅増)
暁星5620.6⬆️(大幅増)
國學院久我山574.55.05.1↗️(微増)
created by Rinker
¥902 (2020/02/28 08:59:37時点 Amazon調べ-詳細)

2/4の午後入試(2教科)

付属校の人気が高いようで、実質倍率は来年も上がるのではないかと推察します。

学校名偏差値別学/共学区分2018年実質倍率2019年実質倍率2020年実質倍率2020年傾向(昨対)
目黒日大427.05.35.9⬆️(大幅増)
東京電機492.24.04.5⬆️(大幅増)
created by Rinker
みくに出版
¥1,320 (2020/02/28 18:55:40時点 Amazon調べ-詳細)

2/5の午後入試(2教科)

今年から日大豊山女子が2/5の午後入試を開始しました。現状、実質倍率は見えませんが、この偏差値近辺の方にとって、ここを押さえる意味はあるので改めて実質倍率が判明次第、入力/更新します。

学校名偏差値別学/共学区分2018年実質倍率2019年実質倍率2020年実質倍率2020年傾向(昨対)
日大豊山女子40

⭐️時事ニュース等の強化(子供向け新聞)⭐️
時事ニュースや中学受験の過去問題をイラスト付きで見やすく子供用の新聞として発刊されている新聞をご存知ですか?
中学受験を検討されているお子さんだと小学校3年生から読み出すご家庭もあります。
・週刊で気楽に暇な時に読める読売KoDoMo新聞はリーズナブルで月額550円で我が家の息子/娘も読んでます。




・日刊で毎日いろんな記事を読める朝日小学生新聞ははやや高めですが月額1,760円です。



どちらもオススメの子供向け新聞です。中学受験生の多くは購読していますのでぜひ、ご検討を。

1教科での午後入試

1教科の午後入試は午前に既に4教科受験をしている中で負担が軽く、昨今、人気ですが、逆に1問でも間違えると不合格になり得るパーフェクト勝負の入試であると言えるかと思います。

2/1の午後入試(1教科)

都市大等々力の算数選抜は、情報を見ると1名しか合格しておらず、64倍という数値になっています。よく分かりません。

ちなみに算数選抜は倍率よりも当日の入試問題で”会心の一撃”を繰り出せる人勝ちだと思うので、以下は参考まで。

学校名偏差値別学/共学区分2018年実質倍率2019年実質倍率2020年実質倍率2020年傾向(昨対)
山脇(算or(国491.72.7⬆️(大幅増)
都市大等々力(算5464.0⬆️(大幅増)
田園調布(算542.3⬆️(大幅増)
三田国際(算542.42.2↙️(微減)
普連土(算571.91.5⬇️(大幅減)
品川女子(算572.62.02.5⬆️(大幅増)
世田谷(算612.42.0↙️(微減)
巣鴨(算612.83.0↗️(微増)
鎌倉学園(算642.62.42.4➡️(横ばい)

2/2の午後入試(1教科)

富士見中学の算数選抜が今年から新設されており、こちらも情報判明次第、入力/更新します。

なお、高輪は安定の人気です。2/2の算数選抜が少ないのでもっと実施が増えると受験する人達も増えると感じます。

学校名偏差値別学/共学区分2018年実質倍率2019年実質倍率2020年実質倍率2020年傾向(昨対)
大妻中野(算461.01.11.4↗️(微増)
富士見(算53
高輪(算602.32.43.1⬆️(大幅増)

まとめ

午後入試は、4教科ないし2教科できちんと安全校として取りに行く場合、有効と思います。
なお、午前の入試以上に実質倍率がどこも高いです。ちょっとのミスで終了になり得ります。

実質倍率が高いと普通に落ちることが大いに有り得ますので、そこを理解して入試日程を組むことが大事と感じます。当ブログではどの記事でも実質倍率が重要であると言ってきてますが、恐らく入試を経験されたご家庭だとその意味を噛みしめるように理解出来ると思います。

どんなに偏差値やその学校の傾向を掴んでいても実質倍率が高いと例年だと合格していた子が普通に落ちます

なお、本当の実質倍率は入試後でないと分かりませんが、各塾側で小6の秋から出願状況や模試での志望校の情報からどの学校に出願されるか、人気が集中するかを必ず説明されますのでそこで今一度、リスクチェックをしたほうが良いです。

少なくとも小6の12月までには大枠でどこに人気が集中しそうかは見えてきますのでそこでアンテナ高めてきちんと入試日程のプランを戦略的に決めることで満足した入試になるはずですし、悔いもなくなると考えています。

2021年以降の中学受験を実施する方はぜひ、悔いない入試に向かって検討を進めていきましょう。

ちなみに午後入試についての見解は以下の記事に記載していますので読んでいない方はぜひ、ご参照お願いします。

✨いつもご愛読頂き有難うございます!記事に共感できる方、心優しい方、面白そうと思う方、お金に余裕のある方、中学受験で悩みのある方がいましたら、投げ銭として「kanaharuの欲しいものリスト」でシャーペンやamazonギフト券等を掲載しておりますので1つギフトをお選び頂き、お届け先住所に"kanaharu"をご選択の上、ご提供頂けると幸いです。差出人名は秘匿でき、ハンドル名で記載変更出来ますので個人名での記載は不要となります。中学受験でお悩みがある場合、メアドをギフトメッセージに記載頂ければそのメアド宛に返信の上、お悩みに関する相談に乗ります。何か分からないことがもし、ありましたらこちらへ連絡お願いします。

コメント