戦略59)付属校を真剣に考える 〜充実編〜

付属校
スポンサーリンク

今までの私の付属校に関する記事は私自身が付属校上がりであり、その付属校の闇のような部分を感じているが故に結構、ネガティブな度合いが強かったように思います。

そこで本記事ではこういう考えで、こういう風に過ごしたら、付属校ライフを充実なものにできるのだろうな、と思う考えを示したいと思います

ぜひ、お子さんにて付属校を検討されている方は御参照お願い致します。

スポンサーリンク

付属校に入った以上、そのまま付属の大学に行くべし。

私はもともと付属校に行ってましたが、高3になるまで付属している大学に進学する気はなく、外部受験を前提に考えていました

よって、予備校にも一時期通っていました。但し、そこで外部受験する生徒との学力の違いを目の当たりにするとともにどこの大学を出ても大学卒(学士)というのは変わらないと思い、途中でそのまま内部進学しました。

成績は良い方だったので希望する学科に進みました

本来、付属校に行っている場合、そのまま付属大学に上がることを前提とすると学校の勉強のみで十分です。

予備校にも行く必要はありません。きちんと学内の勉強、つまり、中間・期末テストを対応することで内申点も取れます。(そもそも付属校で予備校なしに成績が取れないなら、外部受験もほぼ難しいです。)

言いたいことは、付属校に入学した場合、きちんと学校の勉強をしていれば、希望の学部学科を選べます。

つまり、付属校で勉強面でのやるべき事は1つ。

普段の勉強をきちんと対応し、将来のやりたいことを見据えて、希望する学科を選べられるように備える。

です。

外部受験をそもそも視野に入れている場合、正直、退路を絶って勉強している付属校ではない中高一貫校の方々の方が強いです。学校内での勉強量も違います。予備校に行った時に特に私は強く実感しました

よって、昨今、付属校が他大学の進学も力を入れていると言ってますが、予備校パワーが相当貢献しているのは揺るぎのない事実だと思います。

付属校の学校説明会に行ったご家族の話を聞くと付属校の先生方は予備校を否定しません。(ちなみに我が家の息子が通っている中高一貫校は塾・予備校は行く必要がない、とはっきり言っています。超難関中学は自前で教えられるので強気なのであり、予備校を否定しない学校は予備校パワーを織り込んでいるようにも感じます。)

外部受験をそもそも考えて付属に行くと予備校代は掛かるし、他外部受験向けの中高一貫校よりも学校内の授業内容が付属大学進学を前提にしているので外部受験向けの対策になりません

したがって、付属校に行った場合、そのまま付属大学に行くことが一番コスト的負担及び勉強上の負担も少ないです

私自身、外部受験を前提とし、最悪、内部進学出来るという担保がある付属校がベスト、と考えて入学しましたが、やはり命綱があると振り切ってまで外部受験をする意志/意義が弱まってしまったと振り返って感じます。

そもそも外部受験を視野に入れているなら、付属校に行かない方が良いです。

やりたい事を見つけるべし。

付属校に行ったら、ある意味付属の大学が近い存在になります。その大学の学部/学科をみてイメージしても良いし、そもそも自分が興味がある分野は何なのかを十分考えられると思います。

そもそも大学卒業してもやりたい事が見つからない、という人も大勢いるので、ここでいうやりたい事とは興味のある分野を見つけることを意味しています。

入学後に、例えば、勉強を通じて英語に強い興味が出て、もっと海外の人達と仕事が出来る環境に行きたい、となれば、英米文学科とか国際関係学科、観光学科という形で連想が出来ると思います。
その他、将来、今後もITが伸びてくるのでその分野で活躍したいと思えば、情報科学科とか情報工学科、が良いのかな、とか。

別に勉強だけでなく、実家が自営業をやっている、もしくは将来的に自分で店を構えたいので”経営”に興味があるとなれば、経営学科もありでしょう。

周辺環境が興味の高い分野を導くようにも思うので付属校に入った際にその付属の大学で準備されている学部学科にご縁があると思ってその中で興味がある分野を考えつつ、ドンピシャの学科がなくても近しい学科を選べば良いように思います。究極的には大学に入ってから、興味ある分野を独学で勉強したって良いのですから。

一番、やっては行けないのは学校内の成績が足りず、全く興味のない学科を選択する事だと思います

但し、結構な割合でこのようなパターンの人が出てきます。なぜかというと、もはや、外部受験では歯が立たないことも本人も分かっており、内部進学を止めるか、浪人覚悟で外部受験するか、の2択になるので、そうなると行ける学科で妥協するケースがほとんどとなります

正直、周りで見てるとそのパターンの人は大学入学後に留年ないし退学する人が多かったのでこれを避けれるように中高での学校内の勉強はきちんとすべき。

青春を謳歌せよ。

私の母校は既に共学化されていますが当時は男子校でした。現在の付属校はほとんどが共学になっています。

男子校ないし女子校からの共学化に合わせて、文化祭や体育祭、その他のイベントごとも充実度を加算しているように思います。

生徒を集める魅力の1つになるということも影響しているのでしょう。

男子校や女子校も別に他校との付き合いは地元の友達経由やバ○ト、もしくは付属校の友達経由とかで知り合えるし、学校と切り分けて考えられるのでそれはそれで良かったりします。

一方でやはり共学だと男女一丸となって色々とやることになるので学園生活は色恋が充実しそうでそれが青春っぽい感じで良いと思います。

つまり、漫画のようなストーリーはないにせよ、充実出来る環境は整っていますので、ぜひ、リア充を目指して楽しんだ方が良いですね。

遅刻・欠席、停学にならないようにしよー。

一般受験だと全く関係ないと思いますが、遅刻や欠席、過去に停学があったりすると内部進学においてはマイナス要素になります

学部学科を選ぶ際や内部進学のボーダラインにいる場合、同じ成績の子と比較した場合に、内申点以外の部分で判断されます。場合によっては、内部進学不可になりえますので注意が必要です。

ちなみに停学ってどんなパターンで発生するか?分かりますか?

私の周りで発生した事例をいくつか記載します。タバコ吸ってて云々等のポピュラーのものは除きます。

  • 校則上、バイト禁止だったが黙って実施していた。
    (→同じ学校のヤツが学校側に密告し、発覚。)
  • 校則上、在学中の原付含め自動車免許の取得禁止がされていたが、黙って免許を取得していた。
    (→当人の原付免許を同じ学校のヤツが拾って、職員室に届け出たことにより発覚。)

ポイントは、校則違反しているかどうか、です。

発覚のパターンについて内部密告、つまり、同じ学校内の生徒のチクリがほぼ全てです。

でないと、そもそもバレませんしね。それ以外は警察沙汰とかで万引きとかそういう類ですが、それは論外でしょう。

気をつけなければいけないのは、校則が厳しい付属校の場合、それをチクるヤツが存在しますので校則違反はせずに健全に過ごすのが懸命だと思います。

私はバ○トとかは普通にやっていましたが、短期ものだったりしてたので足がつかないとかありましたね。継続的にやってて、バイト先に学校から確認が入るとアウトですね。

保護者の皆さん、気をつけましょう。

✨いつもご愛読頂き有難うございます!記事に共感できる方、心優しい方、面白そうと思う方、お金に余裕のある方、中学受験で悩みのある方がいましたら、投げ銭として「kanaharuの欲しいものリスト」でペンやノート、方眼紙やamazonギフト券等を掲載しておりますので1つギフトをお選び頂き、お届け先住所に"kanaharu"をご選択の上、ご提供頂けると幸いです。差出人名は秘匿でき、ハンドル名で記載変更出来ますので個人名での記載は不要となります。中学受験でお悩みがある場合、メアドをギフトメッセージに記載頂ければそのメアド宛に返信の上、お悩みに関する相談に乗ります。何か分からないことがもし、ありましたらこちらへ連絡お願いします。

コメント