番外編25)年末のリ・スタート(中1版) 〜ママの情熱〜

中学受験後の生活
スポンサーリンク

我が家の息子も中1になり、もう2/3が終わりました。1学期の中間・期末試験、2学期の中間・期末試験で何となく、どんな難易度のものが出てくるかなどが分かったような状況です。

尚、我が家の息子の通っている学校は特に中間・期末などで順位は出ませんが、学期ごとに10段階評価が付き、その評定とともに前提の人数分布の紙が渡されます。正直見ていると大きく沈んでいる子もちらほらいますが、綺麗な山なりの放物線を描くように中央値が見て取れます。谷みたいなものはないですね。

ちなみに、年明け早々に1年間で唯一、各科目及び全体の順位が可視化される実力試験というものが予定されています。ここは1学期、2学期でやった問題を集約し、出てくるようなのできちんと復習し、勉強したものが勝つというガチンコ試験です。

我が家のママは、ここに関して、何だか息が荒くなってきているので今日はその話をします。

スポンサーリンク

振り返っての中1時点での1学期、2学期の成績について

中1の成績を振り返る前に小学校時代の成績等も触れたいと思います。

小学校の時の成績について

小学校時代の成績は、小学校1年〜6年通して振り返って考えると国語・算数・理科・社会、そして体育、音楽などの主要な教科があり、さらに各科目で4つか5つにさらに細かく分類が別れて成績が出ていました

成績の評価の付け方は基本的にA、B、Cの3段階です。

我が家の息子は、主要4科目と体育や図工などほとんどの項目でAでまばらにB、音楽など一部Bが多い科目もありましたが、ほとんどAだった印象です。

小学校ってそんなもんなのかなあ、と思っていたら、我が家の娘は、AとBが半々くらいでしたのでやはり出来は良かったのだと思います。

また、サピックスについて、大型校舎だったのでAから始まり、Kクラスまでアルファベットが並び、α3〜α1で計14クラスありましたが、小学校4年の時は、I〜α3を行き来しており、小学校5年は、F〜Kを行き来しており、小学校6年では、I〜Kを行き来していました

何となくイメージが湧きますかね。

その上で、鉄緑会指定の中学校に今、通っているという感じです。

中学校1年生での成績について

中学校の成績は、まず、相対評価ではなく絶対評価なので点数さえきちんと取っていると自ずと評定は良くなります

また前提として、私立中学に通われている周りの方々の科目もママ友さん達の様子を聞いていると同じで、過去に以下の記事にも載せましたが、公立中学だと国語・数学・英語・理科・社会という5科目ですが、私立の場合、倍ぐらいに科目が細分化されます

さらに科目が細分化された事で1つの単元で深掘った内容になります

過去にどんな内容やっているかの話は一部以下の記事にも過去に載せましたが、割と高校の範囲にも触れている印象が強いです。(そもそも中学受験の際に中学の内容を包含するくらいのレベルの勉強をしているので学校側もそれを見越してカリキュラムを構成しているように見えます。)

つまり、主要5科目が9科目に細分化されて+4科目(音楽や体育、技術など)の計13科目の成績が通知表という形で10段階でフィードバックされます

ここでは上記の主要な科目となる9科目について触れたいと思います。

なお、冒頭に伝えましたがあくまで絶対評価なので普通に考えると山なりが大きくなるのは10段階評価であったら、”5″という数値なのですが、実際はそうではありません

我が家の息子が通う私立学校で分布の平均をざっくり見ると、基本的に”7″と評定される数値が中央値になるように見えます。

で、かなり引っ張ってしまいましたが、

我が家の息子の評定は、6と7が半々程度でたまに5があります。

うーん、中の下と言ったところでしょう。

これをみて、我が家のママは、

( ´ ▽ ` ) ←我が家のママ
あんたさあ、もうちょっと頑張れない?中1で遅れを取ると、後で取り戻すの大変よ。

( ° ▽ ° ;)←我が家の息子
まあ、まだ中1だし。授業聞いてて分かんないって感じじゃないから大丈夫だよ。

( ´ ▽ ` #) ←我が家のママ
その油断がダメなんだよ。

そこで我が家のママは、息子が部活の最中に息子の部屋で年末の整理も兼ねて、息子の学校のテキストやプリント整理を始めていました。

( ´ ▽ ` #) ←我が家のママ
うーん、こんなに難しいのやってるんだ・・・。これ分かんないなあ・・・。しかも、結構、進度早いなあ、もうこんなにやってるんだ・・・ ←思ったよりレベルが高い事に気づく」

(;๏д๏) ←パパ(自分)
どんな感じ?←ちょっと興味あり」

( ´ ▽ ` #) ←我が家のママ
これ見なよ。特に生物とか公民・・・。←思ったよりレベルが高い事に気づく」

(;๏д๏) ←パパ(自分)
聞いた事ない単語がいっぱい載ってるね。。特に生物。公民はそもそも問題文章が長すぎて読む気しない。。←ちょっとゲンナリ」

( ´ ▽ ` #) ←我が家のママ
数学は代数と幾何も何だか高校レベルだね。←思ったよりレベルが高い事に気づく」

(;๏д๏) ←パパ(自分)
授業料だす甲斐がある高いレベルだね。←ちょっと他人事」

つまり、我が家のママとして、「ただ頑張れ!は、酷である」という結論に至ってしまい、あとは本人次第なのか、と感じていました。

一方である科目だけ我が家のママが反応した科目がありました。

ヽ( `Д´ )ノ ←我が家のママ
何じゃ、この英語は!英語はスタートラインは基本的に皆、一緒なんだから、もっと取れよ!

(;๏д๏) ←パパ(自分)
え?でも評定は良いじゃん?

ヽ( `Д´ )ノ ←我が家のママ
あんた、何見てるの?英語だけ分布で見ると平均が8よ!

そうなんです。英語の評定平均として見ると、周りの皆はもっときちんと勉強し、成績も良いようです。

ヽ( `Д´ )ノ ←我が家のママ
しかも、この英語の内容はそんなに難しくない。勉強していれば出来るはず。

我が家のママは、もともと昔から英語が得意な方だったのでその血が騒いだのかもしれません。確かに中間・期末でも時々、我が家のママは中1の息子に英語で分かんないところをたまに教えていました。

(๑•﹏•) ←我が家の娘
ママ、なんでも出来るんだね。すごいな。←普通に自分とは違う人間と理解し始める」

(;๏д๏) ←パパ(自分)
おーい、それくらいならパパも分かるよ〜。←もはや勉強面でパパは戦闘力が低いという認知が高く、信用されていない。」

という事で我が家のママはいずれにしても英語に関して、奮い立つものがあり、また他の教科に関しても何かしなければと使命感に溢れていました

ヽ( `Д´ )ノ ←我が家のママ
やはり、まだ息子の伴走を中学でもしないと!

(;๏д๏) ←パパ(自分)
心の声:(おいおい、まだやる気!?どちらかというと我が家のママのポテンシャルの方が高いのではないかと思う

基本的に中学1年にもなると自律的に進める方が良いのであまり口出ししない方が良いと思いながらも、我が家のママにも考えがあるので息子と話をしていく中で良い感じで収まれば良いなあ、と期待と不安がよぎります。

実力テストに向けたプロジェクト発動

我が家の息子は部活から帰ってきて、ほのぼの過ごしていたところ、

( ´ ▽ ` ) ←我が家のママ
部活疲れていると思うけど、実力テスト、来年あるよね。どんな感じで勉強進めるの?←臨戦態勢」

( ° ▽ ° ;)←我が家の息子
まあ、まだ時間あるし、年明けから勉強するよ。←のんき。」

( ´ ▽ ` #) ←我が家のママ
あんたの学校は進度も早いし、高校レベルの内容なんだから年明けで間に合うわけないでしょ。(怒←臨戦態勢」

( ° ▽ ° ;)←我が家の息子
え?そう?まだ中1だし、大丈夫だよ。←未だのんき」

( ´ ▽ ` #) ←我が家のママ
そんなんだと実力テストも今までと同じで平均ちょい下で終わっちゃうよ。今回は範囲が明確できちんと勉強すれば上位狙えるはずよ。←もはや野望を口にする」

( ´ ▽ ` 怒) ←我が家のママ
しかも、何?あの英語は。あれは公立中学に通ってる子もきちんと勉強すれば取れる内容。ちゃんと勉強していない証拠。暗記すれば取れるじゃない。暗記さえすれば。←暗記大王、ここに君臨。」

( ° ▽ ° ;)←我が家の息子
おいおい、また鬼オぺかよ。←反抗期真っ只中で対抗する息子」

( ´ ▽ ` 怒) ←我が家のママ
あんた、悔しくないわけ??決まった範囲をきちんと勉強すれば成績取れるんだから、やりなよ。英語はこの直しと他は中間・期末の間違えた問題のやり直しを絶対やんなさい。←娘の伴走に続き息子の伴走もしそうな勢い。ザ・伴走王、ここに君臨。」

( ° ▽ ° ;)←我が家の息子
え?面倒くせえなあ←さらに反抗期真っ只中で対抗する息子」

( ´ ▽ ` 怒) ←我が家のママ
やらないなら、スマホ没収だし、MACも触るの禁止。分かった??。←伝家の宝刀炸裂」

( ° ▽ ° ;)←我が家の息子
もー、分かったよ、やりゃ良いんだろ!←反抗期だが結局、素直に聞く息子」

結局、我が家のママは、伴走というより、やるべき事柄を伝え、それをやったかどうかだけチェックするというプチ家庭教師というような立ち位置で進める方向となりました。

(;๏д๏) ←パパ(自分)
全部、勉強の仕方を指示すると、自律して出来なくならない??

( ´ ▽ ` ) ←我が家のママ
あの子は勉強のやり方が今ひとつ分かってないから、点数が伸びないのだと思う。授業のプリントの結果とか見てるとケアレスミスがほとんどで根本的に分かっていない訳ではない。でもやり直して勉強した形跡がない。とにかく、分からないところをやり直す癖を付けることが大事。基本だから。それが出来てないんだから、自律もクソもないのよ。←冷静に分析」

(;๏д๏) ←パパ(自分)
なるほど。←ボンクラの極み」

ということで実力テストに向けて再スタートを切った状況です。

まとめ

中学校1年生は、塾を卒業して、自分で勉強し始める最初の年です。

我が家は中学に入ってから何も言わず半年以上過ごしてきて、動きを見る中で年末に振り返り、来年に向けて反省点を分析し、子供へフィードバックして、突き進む動きを取りました

我が家の息子の学校では1学期・2学期の成績が一定基準以下だと年末に親子で呼び出しを掛けられ、最後通告(中1から中2に上がる時点での進級が出来ない可能性があり、3学期にある基準をクリアしないと転出して頂く旨の説明会がなされる。)が行われます。

数は少なく、学年によってはそういう方がいないケースもあるようですが、私立中学なので肩たたきのように水準チェックがされます。

中学に入学後も様子を見つつ、フォローアップが大事なのかもしれません

✨いつもご愛読頂き有難うございます!記事に共感できる方、心優しい方、面白そうと思う方、お金に余裕のある方、中学受験で悩みのある方がいましたら、投げ銭として「kanaharuの欲しいものリスト」でペンやノート、方眼紙やamazonギフト券等を掲載しておりますので1つギフトをお選び頂き、お届け先住所に"kanaharu"をご選択の上、ご提供頂けると幸いです。差出人名は秘匿でき、ハンドル名で記載変更出来ますので個人名での記載は不要となります。中学受験でお悩みがある場合、メアドをギフトメッセージに記載頂ければそのメアド宛に返信の上、お悩みに関する相談に乗ります。何か分からないことがもし、ありましたらこちらへ連絡お願いします。

コメント