戦略111)中高一貫校を真剣に考える 〜入学後のリアル編〜

中高一貫校
スポンサーリンク

我が家の息子は中高一貫校に通っており、娘も中高一貫校を目指しています。

中高一貫校はいろんな学校がある中でどうしても大学進学という実績面を見がちですが、思った以上に大変なこともあったり、貴重な事柄もあったりと色々とあります

今回は、中高一貫校に通って見て分かる入学後のリアル(現実)についてを記載したいと思います。

スポンサーリンク

中学受験の時のポジションと入学時点

皆、中学受験の時に各塾に通って、より良い学校を目指して中学受験に挑むことになります。

保護者の方は入ってしまえばこっちのものという発想が強い方も当然多く、とにかく勝ちを取りに行きます。当然それ自体は何の問題もなく、より高みを目指すということで健全だと思います。

その子供が本当にその学校を望んでおり、入った後のイメージが出来るのであれば尚更、良いのだと思います。

一方で、中学校1年生時点で、学力としては余裕で合格された子供とギリギリで合格された子供では大きな差となって、中間・期末試験で如実に表れてきます

その際に例えば、繰り上がり合格の子供であれば、自分で自覚し、行きたい学校に着いて行く構えで一生懸命勉強しないとおいてけぼりを食うと危機感が集えば、より一層学力は上がりますし、感の良い子であれば、入学後は、大概、塾の話が共通の話題になるのでどこの塾でどの校舎にいたの?どのクラス?みたいな話は男子・女子関わらず、出ますので、そこで自分と周りとの学力差異に当たりがつくのでそこで必死になるかが非常に重要になります

女子は我が家の塾友のママとお会いした際に娘の学校で塾のクラスの会話になり、大型校舎にいたのでそんなにクラスがあってそのクラスなんだあ、みたいな議論があったようで恥ずかしいから、あんまり中学で塾の時のクラスを言わないように伝えていると言っていました。

我が家の息子の学校でも、例えば、日能研では上位の子供は名前が出回るようで、校舎が違えどあの子は相当頭が良いとか、アイツはサピックスでα落ちしたことがないらしい、など情報が出回ります

そこでそもそもきちんと勉強しないとどうなるかが見えて来ます

入学の最初は皆、ワイワイガヤガヤして、仲良く友達の輪も形成されていく中で如何に冷静に勉強と向き合えるかで「深海魚」と呼ばれる最下位群に属するか否かが変わって来ます

中高一貫校に通う面々について

蓋を開いて見ると、もちろんその学校として一定以上の学力を持った生徒で寄り集まる形に間違いなく、なります。そして、各ご家庭含めて各水準が公立小学校とは一線を画すレベルで異なって来ます。

入試を経験して入学した同級生達

もちろん、各学校のレベルによって差はあれど、驚く程、勉強が出来る子供やスポーツやその他音楽などに長けている子供など色々にレベルの高い子供たちに触れる機会があります

これは私立中学に通ったことによって得られた貴重な体験なのかもしれません。

またより上位の学校になればなるほど、算数オリンピックに出ていた、とか英検準一級を持っているなど特殊技能を持つ子供もいます

中高一貫校の教師について

ここが一番違うな、と個人的に感じた部分ですが、教師そのものが生き生きしており、その学校そのものへの情熱、学校愛が強いです。そして、その学校に来る生徒・ご家庭の特長をよく理解されています。

中1の保護者会に出た我が家のママは非常に感動していました。

( ´ ▽ ` )←我が家のママ
いやあ、私立中学の保護者会初めて出たけど、とても感動したよ!!!←興奮冷めやらず」

(;๏д๏) ←パパ(自分)
興奮気味だね。何が違うの?←興奮していない」

( ´ ▽ ` )←我が家のママ
まず、説明そのものが完結で分かりやすいし、プレゼンも上手。しかも、学年主任や各科目やクラス担当の先生がそれぞれ話をするんだけど、皆、話が面白い。凄いよ。←興奮して早口で説明」

(;๏д๏) ←パパ(自分)
どんな話が感動したの?←興奮していない」

( ´ ▽ ` )←我が家のママ
塾は一切行かせる必要はない、って断言していてとにかく授業に着いて来てください、と。また、”いじめ”は絶対に許しません、と。ただ学校以上にご家庭の教育が要因でストレスからいじめが引き起こされるケースが多いのでご家庭でもフォローアップ/サポートを必ず行ってください、ってはっきり言うのよ。なかなか公立だとビビって言えない言葉だと思うね。←興奮して早口で説明」

(;๏д๏) ←パパ(自分)
なるほど。←興奮していないが、納得。」

( ´ ▽ ` )←我が家のママ
あと、学校そのものは中学全体の学力グラフで表すと、だいたい偏差値50をベースに山なりの放物線を描くんだけど、我が家の息子が通ってる学校は一番右側に山なりが大きくなっているので、各試験は非常に難しいので子供を責めないで下さい、と。うーん、判ってる感じだね。←興奮して早口で説明」

(;๏д๏) ←パパ(自分)
なるほど。←興奮していないが、納得。」

( ´ ▽ ` )←我が家のママ
例年、糸が切れたように勉強をしなくなる子も出てくるので、ご家庭で子供の様子をきちんと見て下さい、だって。←徐々に落ち着いて来てゆっくり説明」

(;๏д๏) ←パパ(自分)
なるほど。←徐々に興奮して来た」

created by Rinker
¥736 (2020/08/07 12:22:35時点 Amazon調べ-詳細)

また、以下の記事にも記載しましたが、やってる内容が非常に高度です

冬休み期間に勉強を昨今見ていますが内容が難しすぎてYouTubeで化学/物理とか生物分野は解説とかないかなあ、とキーワード検索で調べるとだいたい「高校化学」「高校物理」という科目の動画で説明が上がっています

まだ中1なんですけど・・・

私立中学に通うご家庭

各種保護者会やママさんで集う会とかも開催されるケースがあります。なお、度々ではなく、たまに実施されるというような頻度の印象です。

その際に出会うママさん達は、基本的に一定水準以上の裕福なご家庭という方がイメージ近いと思います。

そのニュアンスは以下の記事を見ていただく方がリアルに伝わると思います。

公立学校と違うのはやはり常識的な見識をお持ちの方が多く、ある意味で変なご家庭がいない、という言い方が一番しっくり来るかもしれません。

公立小学校で出会ったモンスターペアレントみたいな常識外れな保護者はほとんどいない印象でした。

⭐️時事ニュース等の強化(子供向け新聞)⭐️
時事ニュースや中学受験の過去問題をイラスト付きで見やすく子供用の新聞として発刊されている新聞をご存知ですか?
中学受験を検討されているお子さんだと小学校3年生から読み出すご家庭もあります。
・週刊で気楽に暇な時に読める読売KoDoMo新聞はリーズナブルで月額550円で我が家の息子/娘も読んでます。




・日刊で毎日いろんな記事を読める朝日小学生新聞ははやや高めですが月額1,760円です。



どちらもオススメの子供向け新聞です。中学受験生の多くは購読していますのでぜひ、ご検討を。

塾漬けを行う保護者達

私立学校に入学が決まった時点で、様々な塾にぶち込む保護者の方も結構な数でいらっしゃいます。一方で、今、中1の冬ですが、結構、塾辞めている方も多い印象です。

その理由は学校のレベルが高度なので、そこに鉄緑なども熟せる人は相当な優秀層でないと無理だと思いますし、恐らくそれにお金をつぎ込みならよっぽど家庭教師で補った方がROIが高いと感じます。

ちなみに中1の夏前の塾事情を知りたい方は以下を参照お願いします。

あと、付け加えていうと、中学受験で散々塾ざんまいで通っており、中高一貫校はそもそも結構、宿題も出るので勉強を普通にやらせます。それに加えて、更に塾も実施するのは非常に負担が大きいです

保護者の方で安易に中学入学後も塾や予備校に入れちゃえ、と思っている方がいるかもしれません。もちろん、子供自身がそれを望んでいるなら、全く問題ありません。

但し、子供自身が望まずにただ通うことを強制している場合、そういう子が我が家の周りの友達を見てると成績を大きく沈ませているように思います

なぜかというと、もう勉強が嫌だし、親に強制されるのも嫌になっているらしく、糸が切れた凧のようにふわふわし始めます。いわゆる反抗期も合間って、勉強面では戦意喪失といったところです。

そういう子はどうすれば良いの?というと、まずは学校の授業をきちんとやるところからスタートだと思います。

また将来何になりたいのか、また今、勉強する意義は何なのか、をご家庭で議論した方が良いです。一応、こういう保護者はいないと思いますが「良い大学に入ることが大事よ!」と言うのは中1の子供には全く響きません。

今、スマートフォンで簡単に情報を検索出来ます。

実力主義と言われるこの世の中で学歴の意味もだいぶ変わってきており、学歴意味ねーとか思っちゃうことすらあるかもしれません。どちらかというと職業観を考えさせて話をしないとやる気や勉強に向かう炎を改めて点けることは難しいと思います

乱暴に短絡的に塾へ通うことは、子供にとっては「まだやるの?」と猜疑心を高める材料にすらなるので、中学受験で頑張ってきたのだから、同じように塾に入れれば大丈夫!という考えは子供によっては通用しないと言うことを保護者は理解した方が良いように思います。

小学生から中学生に成長していく中で、幼い子供から徐々に自分で物事を考える力も付き、大人びて来るのできちんと納得させて物事を進めていくことがより一層重要になっているように思います。

まとめ

中高一貫校に関するリアルをつらつらと書きますが、教訓として要約すると以下かと思います。

  • 中学受験で仮にまぐれ合格ないし、ギリギリ合格ならそれを理解して、きちんと日頃の勉強を実施した方が良い。怠けると途端に成績は下降する。
  • 私立中学の中高一貫校を取り巻く教育環境は公立とは比較にならない程、良い。あとはご家庭でのサポートもきちんと行うことでより一層学校生活が充実する
  • 塾は子供が望めば行けば良いが、望んでいないなら、行かせることで逆に子供にとって負担が大きく、プラスではなくマイナスの効果をもたらす危険性が高い

あくまで我が家の息子の学校の様子等を見てのリアルなので、当然、そのほかのご家庭での見方はあると思いますが、参考までということで読み流していただければ幸いです。

✨いつもご愛読頂き有難うございます!記事に共感できる方、心優しい方、面白そうと思う方、お金に余裕のある方、中学受験で悩みのある方がいましたら、投げ銭として「kanaharuの欲しいものリスト」でペンやノート、方眼紙やamazonギフト券等を掲載しておりますので1つギフトをお選び頂き、お届け先住所に"kanaharu"をご選択の上、ご提供頂けると幸いです。差出人名は秘匿でき、ハンドル名で記載変更出来ますので個人名での記載は不要となります。中学受験でお悩みがある場合、メアドをギフトメッセージに記載頂ければそのメアド宛に返信の上、お悩みに関する相談に乗ります。何か分からないことがもし、ありましたらこちらへ連絡お願いします。

コメント