戦略84)中学受験を通じて気づくこと 〜高倍率/難化編〜

志望校の選び方
スポンサーリンク

昨今、少子化ではあるものの、中学受験する人口が増加の一途だそうです。我が子の受験した2019年度から割と顕著に増加傾向となったようでそこに関してはひしひしと受験を通じて、感じる事となりました。

とはいえ、中学受験が難化ってまだ中学受験していない保護者からするとピンっと来ないかと思います。

そこで今回は「高倍率/難化」をテーマにそもそもそれって何よ?というところと、どのように立ち向かうべきなのか、の見解も踏まえ、議論をしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

前提となる過去と予測の倍率や難化における数値

中学受験の人口トレンドについて、以下の3つのサイトを元に巣データを集めました。

2019年までが実績ベースの数値で2020年〜2025年は予測です。予測の考え方は以下の通り。

  • 首都圏内の私立中学校受験比率(G)は、2010年〜2019年が平均で0.4%の増加率であったため、2025年まで毎年0.4%上昇することを織り込んでいる。
  • 首都圏内の公立・私立小学校6年生総数(F)は、人口が毎年平均1.5%減少しているということで毎年1.5%を減らした総数にしています。
  • 首都圏内の私立中学校受験者総数(A)は、上記の2つの数値の掛け算で算出しています。
  • 首都圏内の私立中学校総定員数(B)は、2020年は2010年〜2019年の10年の平均数値、2021年は2011年〜2020年の平均数値ということで数値を加算しています。昨今、共学校が増加傾向なので共学化の流れや新設する学校等も考慮し、でっこみ/引っ込みもありますが、妥当と判断し、この値を取りました。
  • 私立中学に希望していて入学不可人口(C)は、「(A) – (B)」の数値です。この数値が大きい程、中学受験が厳しいと言える数値です。
  • 対前年と比較した入学不可人口(D)は、(C)の「その年 – 前年」の数値です。この数値が−(マイナス)の場合、前年より中学受験が楽であることを示しています。一方で数字が大きくなっている場合、前年以上に中学受験が厳しいと言える数値です。
  • 実質倍率(E)は、「受験者総数(A) ÷ 総定員数(B)」の数値です。この値が大きい程、その年の中学受験は激戦であることを表しています。

ちなみに2012年〜2017年くらいまで実質倍率を見ると割とゆるやかなことが判ります。リーマンショック以降、割と受験人口が下がり続けてなぜか?最近、復調気味。私は経済のプロではないので勝手な私見ですが、以下の通り、GDPデフレーター(※いわゆる物価や所得の指数)は2013年まで下降してます。そこから上昇傾向となっています。所得指数の上昇とともに中学受験者人口も増えているのでは?と分析しています。

よって、今後、不景気になったら、またGDPデフレーターは下降すると思いますのでその時は上記の予測に反して、受験者数が減少するものと思います。

 

とはいえ、数字だけだと判り難いので次にグラフ化をしてみました。

前提となる過去と予測の倍率や難化におけるグラフ

いくつかのカットで以下の通り、グラフ化してみました。

(1)マクロにどれだけ合格の椅子が足りなくなっているのか難化傾向を把握する。
青色の縦棒(青棒)が受験者総数で橙色の縦棒(橙棒)が総定員数です。2015年が青棒と橙棒の差が一番小さいですが、それ以降、どんどん差が広がっていってます。このグラフから今後も年々、難化していることが読み取れます。

(2)ミクロに合格の椅子がどれだけ足りなくなっているのか、対前年との難化度合を把握する。
灰色の縦棒(灰棒)が私立中学を希望しているけれども受験者人口に対して合格を掴めない人口です。黄色の縦棒(黄棒)は前年度の受験の際の灰棒と当年度の灰棒の引き算を行っており、黄棒がマイナスの場合、前年より易化しており、プラスで且つ背が高い程、前年よりも難化していることを表しています。この棒グラフから読み取れるのは2019年の中学受験はここ最近では相当に厳しいものであったことかがグラフから読み取れますし、その厳しい前年以上に毎年徐々に難度が上昇していることも読み取れます。

じゃあ、どうすれば良いのか。

色々と難化が進んでおり、なんだか椅子取りゲームでいうと全体の定員に対して、受験者が増えていて合格できる可能性が年々、難しくなっているのね、ということは理解されたと思います。

一方で既に気づいている方もいると思いますが、仮に2025年の予測をみても全体としての実質倍率は1.24倍です。人気のある学校ない学校含め大きなバケツで捉えた時に入りきらないと言ってるだけです。

以下の学校の実質倍率を見てください。(またも市進グループのサイトから引用)

人気校の場合はだいたい2.6〜3倍ような実質倍率となり、結構な人が落ちます

ですが、実質倍率が1.0〜1.9倍の学校もたくさんあります

チャレンジをしつつ、最悪、通学しても良いと思える学校について偏差値もさることながらそこの実質倍率が2倍未満のところを1校でも受験しておくと非常にリスクヘッジ出来ている入試になると思います。(そもそも偏差値上で勝てる勝負となっている学校で且つ、実質倍率が仮に1.5倍の場合、3人いたら2人合格します。どうです?そこは合格を握りに掛かれるでしょう。)

入試の際にどこの学校も実質倍率が2倍以上の場合、結構、リスクが高いと思います。
実質倍率が2倍以上だと確実に2人に1人が不合格をもらうということですので、なんらかのコンディション不良で不合格となる可能性が高まります。

折角の受験なのでチャレンジはするべきですが、実質倍率が低めで偏差値上、安全と思える学校を押さえておくことも念頭に入れ、入試日程の受験戦略を練ることが大事です。

 

 

✨いつもご愛読頂き有難うございます!記事に共感できる方、心優しい方、面白そうと思う方、お金に余裕のある方、中学受験で悩みのある方がいましたら、投げ銭として「kanaharuの欲しいものリスト」でシャーペンやamazonギフト券等を掲載しておりますので1つギフトをお選び頂き、お届け先住所に"kanaharu"をご選択の上、ご提供頂けると幸いです。差出人名は秘匿でき、ハンドル名で記載変更出来ますので個人名での記載は不要となります。中学受験でお悩みがある場合、メアドをギフトメッセージに記載頂ければそのメアド宛に返信の上、お悩みに関する相談に乗ります。何か分からないことがもし、ありましたらこちらへ連絡お願いします。

コメント