戦略32)入学後に気づいたあるある集〜思った以上に不便だぜ編〜

志望校の選び方
スポンサーリンク

入学する前までは理解していたけれど、思った以上に不便と思う事柄について以下に記載します。
学校選びに影響あると思いますが、どこを優先するか、が問われます。

スポンサーリンク

食堂がないと不便

これはそれほど学校説明会や学校訪問の際に気にしなかったのですが、いざ、通ってみると、食堂がある・ない、は相当違います。

なぜなら、いつもお弁当をお母さんである妻が作るのですが、毎日早起きして弁当作るのも大変でたまには休みたい、もしくは用事があって作れない等の際に「さあ、どうしよう」になります。

事前に買っても最近だと外も暑いし衛生面が気になりますよね。

うちはたまたま結果的に通っている学校に食堂があったので、特に午前授業で午後部活がある土曜とかは食堂を活用しています。

なかったら、相当不便だったんだろうなあ、と夫婦で話しています。

教訓としては、不測の自体も考慮すると、出来る限り、食堂がある学校の方がベターと言えます。

部活の練習場が遠い。

入る部活によるのですが、校庭とは別の競技場や公園などを活用する部活があるとそこがまた遠かったりすると帰りが遅くなったり、そこまでの運賃を常に払う必要があります。

うちの子供が入った部活は、校庭も利用できるのですが、曜日によって、バスか電車で近くの練習場に向かいます。。うーん、そうだったのかあ、と。

またうちの家の逆方向らしく、帰るのがさらに遅くなります。

教訓としては、入りたい部活が明確に決まっている場合は、事前のリサーチ要です。まあ、覚悟が出来るぐらいですがね。

地元から遠いことによる副次的なデメリットがあった。

これは通う前提で考えるともともと覚悟はしていたのですが、思った以上に不便なことがあるなあ、と実感したので以下に記載します。

まず、部活について大会や練習試合などする場合、学校の所在地をベースとしてその市・区の中で回ります。つまり、遠いところに住んでても相手先は学校エリアになります。遠いところを選ぶと他も遠いという事象が副次的に出てきます。

次に行動範囲が広くなる事でのデメリットについて、うちの息子が通っている学校は割と埼玉、東京、神奈川、千葉など多かれ少なかれ広範囲に生徒が集まっており、中学生とはいえ、どこどこが面白いとか、情報交換をしており、遊びに行こうとすると東京エリアで遊ぼうとします。そして、遊びにもお金が掛かってくるというスパイラルが発生。

人生経験としては良いですが、既に中学生にして高校生か大学生並みの行動範囲になります。

うーん、やっぱり田舎の方の学校であれば、言うても学校の地元駅のルミネとかがせいぜいなので都会の学校を選ぶとお金が掛かります。 

個人的な教訓としては、地元が神奈川や埼玉や千葉で、その界隈で気に入った学校があればそちらの方がコスト面/利便性の観点で押せます
 
 
✨いつもご愛読頂き有難うございます!記事に共感できる方、心優しい方、面白そうと思う方、お金に余裕のある方、中学受験で悩みのある方がいましたら、投げ銭として「kanaharuの欲しいものリスト」でペンやノート、方眼紙やamazonギフト券等を掲載しておりますので1つギフトをお選び頂き、お届け先住所に"kanaharu"をご選択の上、ご提供頂けると幸いです。差出人名は秘匿でき、ハンドル名で記載変更出来ますので個人名での記載は不要となります。中学受験でお悩みがある場合、メアドをギフトメッセージに記載頂ければそのメアド宛に返信の上、お悩みに関する相談に乗ります。何か分からないことがもし、ありましたらこちらへ連絡お願いします。

コメント