戦略114)低学年の推奨ToDoリスト 〜学習準備編〜

低学年での準備
スポンサーリンク

以下の通り、低学年に推奨する事前に準備すべき事項について記載したいと思います。

中学受験を検討している小学校低学年のご家庭にスポットを当てたいと思います

我が家では現・中1の息子世代と、現・小5で新小6となる娘世代の方々の小学校の友達や、中1の息子の友達の様子を聞いていて、なんとなく小学校低学年の時から過ごし方にもちょっとずつ差があるように感じていました。

そこでいくつかの切り口に分けて、進めて行きたいと思います。

ちなみに低学年の推奨ToDoリスト・シリーズの記事の読者対象は幼稚園の年中〜小学校3年くらいと想定し、記載しています。既に小4〜6のお子さんがいる方は参考までに振り返って見て頂くと良いかもしれません。

今回は、低学年の中でも”学習準備”というテーマで記載したいと思います。
具体的には、学習面での習い事やその他教材で推奨出来るものについて記載します。

 

スポンサーリンク

前提

前回の記事に書いたお出かけとスポーツのように”楽しい””面白い”という下地を作り、その延長上での学習というような持って行き方をすることが大事です

幼い幼少期・児童期に関しては、ゲーム感覚ないしパズル感覚を持つこと、覚えるものについては興味のアンテナが高いもの程、自然と吸収していく比率が高まります。また、出来る限り、押し付けではなく、自然に楽しめるような雰囲気づくりや、子供と一緒にママやパパが教える、もしくは一緒に学ぶというスタンスが非常に重要になります。まだ一人で勉強に向かうことすら、ハードル高い時期ですので。

中学受験でもママ伴走をしている方多いと思いますが、幼少期・児童期こそ非常に重要ですまだ家族と一緒にいたいと思う子供はママやパパの笑顔を見たいので一緒に頑張ろうとします褒めてもらいたいのです。

しかも中学受験となる小4〜6より学習内容が極めて簡単なので、ママ・パパの負担も時間が取れるか、取れないかの差だとは思います。そういう意味ではワーキングマザーや共働き夫婦は結構、ハードルあるかもしれません。

なお、小学校3年もしくは4年からサピックス入塾しているご家庭で特に上位クラスに入っている子供は、本日記載する内容を普通にこなしている方が思いのほか、多かったのでそれはご理解頂いた方が良いと思います。(楽しさも交えながらも家庭内でのママ伴走がかなり重要であり、専業主婦が非常に子供の学力を押し上げている事実はあるかと思います。)

事前の勉強について

我が家の息子がサピックスに小学校3年の時に新小4で入塾した際、周りの子達が授業の内容を事前に知ってるかのように解く、ということで皆んな、どういうことをやってるのか塾友ママに聞いたことがありました。

そこで分かったことは、実はいくつかの流派がいたということ。

そちらについて触れたいと思います。

なお、いくつか以下に紹介しますが、間違っても全部やらせるようなことはしないようにした方が良いです。恐らくパンクします。

取捨選択の上、どれかと併用という感じで進めた方が良いのでご理解お願いします

サピックスの通信教育Pigma

サピックスに入塾してから知ったのですが、”さぴあ”というサピックスの月刊誌によく出てくるPigma(ピグマ)は、入会金10,000円と月額4,800円で国語と算数のテキストやドリルが毎月送付され、基本的に毎日20分程度を家庭で勉強するスタイルであり、月末に添削問題プリントを解いて送って添削してもらうという感じです。

特に算数は論理力や思考力が付くような問題が多いので、サピックス入塾試験を視野に入れると、それにFitした作りになっているということもありますので有効です。やや小手先感はありますが点数は取れます。
(我が家の娘は小3の最後の半年のみPigmaをやってました。というのもサピックス小学部に入室済みの家庭の場合、入会料が免除になるということでまんまと乗っかってみました。)

ちなみに上記のPigmaをやっていたご家庭は公文も併用しているご家庭も多かったと思います。

なお、この問題そのものはやや難しいので基本的にママと一緒に勉強する形式で実施しないと厳しいレベル、もしくは基礎がある子がやるような内容だと思います。

ただその甲斐あってか、Pigma+公文をやってる子であれば、サピックス入塾試験でアルファベット上位、もしくはαクラスには行けると思います。我が家で知ってる子は普通にαクラスに入った子が多かったです
日能研だと3段階で普通に一番上のクラスに入れると思います。我が家の娘も3段階で最上位のクラスに入りましたし。

注意点は、Pigmaはややサピックスの授業内容を先取りしているところもあり、αで入った子でも学年が上がるごとに下がって行く子も多かったので、公文とPigmaを併用するパターンがオススメだと思います。

Pigmaは、ややテクニック的に解き方を覚えると点数が上がりやすい特長があり、理解をさせる学習よりもパターン暗記に走ってしまう傾向があるように思います。理解させることが重要だと思います。

難度は比較的高い部類だと思います。

以下はやや古いですが、サピックス監修のPigmaの原型となったテキストだと思います。今でも活用しているケースはあるみたいなので興味ある方は購入してみるのもありかと思います。

Z会の通信教育 幼児コース/小学部コース

こちらも結構、人気な通信教育です。

月額はPigmaとほぼ変わりません。こちらもママ伴走は必要な代物と聞いてます。

我が家の周りだとZ会の通信教育のみで小学校5年の終わりまで実施し、サピックスに途中入塾してきた子供がいたのですが、最終的に開成中学にご入学され、非常に驚きました

詳細については、以下に資料請求の上、内容を一度、確認してみるのはありかもしれません。ちなみに資料請求は無償なので、やっぱり違うな、と思えば別の方法を取るで問題ないと思います。

サピックスでアルファベット上位、αクラスに入る子供はやってる子が割といたと聞いてます。こちらも公文との併用をしている方をよく聞きました。


補足すると、小学校1〜2年のコースの場合、以下の通り、レベルがスタンダード(普通)とハイレベル(発展)に別れており、国語と算数と経験学習という3セットになっています。配布教材は、思考力を育む形式でプログラミング学習による論理力も付くようです。
 
12カ月一括払い
毎月払いに比べて15%off
6カ月一括払い
毎月払いに比べて5%off
毎月払い       

スタンダード
(普通)

1カ月あたり 3,927円
(お支払い合計:47,124円)
1カ月あたり 4,389円
(お支払い合計:26,334円)
4,620円
ハイレベル
(発展)
1カ月あたり 4,301円
(お支払い合計:51,612円)
1カ月あたり 4,807円
(お支払い合計:28,842円)
5,060円

最レベ

最レベは、非常に良い教材のようで、ママの単独伴走の場合に繰り返し実施することで非常に理解力が上がるようです

なお、問題レベルは高く、それなりに学習意欲の高い子供に向いているようです

我が家の周りでこれを実施していた知り合いのお子さんはサピックスにて不動のα1だったので書籍自体は間違いないと思います。一方で難易度については、一度手にとって見て頂く方が良いと思います。

これを手に取る子供は他の教材で無双している子供のようです。

このテキストの前に後述する四谷大塚の「はなまるリトル」をやってからの「最レベ」というパターンはあるようです。自学自習をベースにするご家庭の場合、この二刀流が良いかと思います。

created by Rinker
¥1,320 (2020/07/09 09:00:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,320 (2020/07/09 07:44:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,320 (2020/07/09 10:54:21時点 Amazon調べ-詳細)

四谷大塚のはなまるリトル

こちらは、四谷大塚監修のドリルであり、王道とも言える教材となっています。算数に限らず、国語や理科、社会も存在しております

割ととっつき易い問題構成になっており、我が家のママも、結構この教材ありだったな、と言ってました。

こちらは割とサピックスの真ん中クラス周辺にいる子が低学年の時に扱っていたと聞く教材となります。基礎がしっかり定着するような内容になっているようです。日能研でも真ん中のクラス以上には入塾できるレベルに仕上がると思います。

ママの負担はこちらは少ないかもしれません。Pigmaや最レベがきつそうな場合、選択肢として良いかもしれません。

created by Rinker
¥1,650 (2020/07/09 10:54:22時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,650 (2020/07/09 07:44:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,870 (2020/07/09 07:44:52時点 Amazon調べ-詳細)

公文について

我が家は過去に記事にもしていますが、基本的に公文を主軸で進めて来ました。というか息子の場合は、結局のところ、公文しかやってません。。。(他にも手段があることを知らず・・。なので娘は別途小3の中盤でPigmaを加算しましたが。)

息子の場合は、年中から小3までの計5年間通ってました。娘も同じく年中から小3までの計5年です。

この記事の前半に色々な教材の話をしましたが、その教材に行き着く前に公文をやることは非常に入り口戦略としては良いと思います。

というのも最初は以下のように算数は線をなぞるだけであったり、国語は文章を読むというところから入ります。非常に学びに対するハードルが低く、楽しみながら進められます

幼稚園の時の公文での算数(ズンズン)
幼稚園の時の公文での国語

最初の入り口として、お遊び感覚が非常に強いと拒否反応は全くなく、むしろ、楽しんでやれるのでとてもオススメです。

またそれ以上に振り返ると幼少の時から、毎日、静かに勉強机に向かう習慣も着けれた功績が非常に大きいように思います。

なお、我が家のママはいつも家では子供の隣で最後に回答をチェックして、公文に行く前に間違えているところや、特に小さい時は問題をやり忘れている箇所を抽出し、再度、丁寧に教えていました。公文側も事前にチェックされているとどんどん次の単元に進められ、子供も進んで行く楽しさがあり、モチベーションが上がって行く形式で非常に好循環ということもおっしゃって頂けていました。

楽しく、定着させていたママ伴走は子供にとっても非常に良い影響を与えていたように思います

また、年中から2年程経過すると小学校1年においては特に声掛けしなくても黙々と公文の宿題プリントを息子/娘でやるようになっていました。(当時、勉強と思っていたのかどうかは別にして机に向かう癖がついていました。)

勉強が始まるとママがそばに行って公文で解き終わった問題の正答を確認し、計算ミス等あった箇所に印を付けて、公文に行く前に改めて直させていたことについては継続実施していました。(学年が上がっていくと問題の計算が複雑化して解答チェックが面倒臭くなって来た段階で、公文の先生に相談したところ、解答本のコピーを頂けたので、それを元にチェックしていました。)

結果的に、我が家の息子は年中から小学校3年生までで国語と算数は共に中学3年生の単元を全て終了。我が家の娘も年中から小学3年生までで国語は中学3年生まで算数は小学校6年生までの単元が終了していました。

公文のプリント内容も学年レベルが上がってくるとだんだんザッツ勉強というような内容となりましたが、どちらかというと勉強というよりパズル感覚や本を読む感覚でやっていたように思います。また、公文での国語や算数の公文全体の全国順位もかなり上位に食い込んでいたのでそれがモチベーションに繋がっていたようにも思います

ちなみに公文単独で進んだ息子はサピックスで、最初、真ん中のクラスにおり、次の組み分けですぐにα3に入っており、振り返ると平均で上位アルファベットクラスに属していました。公文でかなり進んでいる子であれば公文オンリーでも良いかもしれません。(息子の場合、複雑な四則演算の暗算/計算スピードが非常に早くて、効果絶大だったと思います。)

また我が家の娘は日能研で3段階で一番上のクラスに入り、且つ、小4の成績はかなり良かったです。(低学年時に培った勉強という貯金を全て使ってしまった感がある小5でしたが。)今でも一応、ずっと一番上のクラスにいるので効力あったと思います。娘の場合、読解力の恩恵が強いように思います。

まとめ

個人的には以下がオススメと感じてますので、ぜひ、低学年のご家庭では参考に検討してみてはいかがでしょうか?

  • 幼少期(幼稚園)においては、公文を習って、パズル感覚で勉強を楽しく体感し、且つ、家庭学習を定着させる。(自ら机に向かう姿勢の定着化を行う)
  • 児童期(小学校低学年)について
    • 出来る限り、家庭内で閉じて勉強に努めたい場合、四谷大塚の「はなまるリトル」と「最レベ」を併用し、学習面のスキルアップを目指す。
    • 公文を軸に補強を掛けたい場合、
      • Pigmaを加算して、思考力/論理力の補強を実施する。
      • Z会の通信教育を加算して、思考力/プログラミング学習を用いた論理力の補強を実施する。

#次回はヤメた方が良いと思う習い事をテーマにしたいと思います。

✨いつもご愛読頂き有難うございます!記事に共感できる方、心優しい方、面白そうと思う方、お金に余裕のある方、中学受験で悩みのある方がいましたら、投げ銭として「kanaharuの欲しいものリスト」でペンやノート、方眼紙やamazonギフト券等を掲載しておりますので1つギフトをお選び頂き、お届け先住所に"kanaharu"をご選択の上、ご提供頂けると幸いです。差出人名は秘匿でき、ハンドル名で記載変更出来ますので個人名での記載は不要となります。中学受験でお悩みがある場合、メアドをギフトメッセージに記載頂ければそのメアド宛に返信の上、お悩みに関する相談に乗ります。何か分からないことがもし、ありましたらこちらへ連絡お願いします。

コメント