お知らせ)御礼(祝・月間70,000PV)とサマー企画

雑談
スポンサーリンク

皆さま、当サイトについて、独自ドメインを取得し、本日で1ヶ月が経過しました。本業をやりつつ、コツコツと記事を書きながら、サイト運営において、何とか1ヶ月が経ちました。折角ですのでその振り返りと共に御礼を兼ねて、サマー企画についても実施したいと思います。

スポンサーリンク

当サイトについて

元々は、最初の記事にも記載した志は当然、根底にあるのですが、久々にWebサイトでも立ち上げてみよう、と思ったときに当時2019年5月1日です。当時、果たしてWebサイトへの集客や私の記事に興味を持ってもらえるのか、自信がありませんでした

というのも私の大学時代、HTMLやJavaScript/CGI(Perl)などを平打ちでホームページを作っていた時代で、ヤフーも当時ディレクトリ型だったので登録したり、BBSで告知したり、仲良くなったサイト管理人同士で相互リンクしたりと、かなり原始的な形で集客していました。(アクセスカウンターが増えてるたびにモチベーションが上がるような感じですね。)

そこから社会人なってからずーっとwebからは離れていたので、うーん、やれるかなあ、と。
まずは、全盛期は過ぎてますが、ブログってものがやり易そうだったのでやってみようと考えました。

なお、モチベーション維持出来るかも自信なかったので、まずは、無償で始められる「はてなブログ」を2019年の5末から始めました。(当サイトでは、5/1からの記事発行としておりますが、「はてなブログ」の前に素案となる記事をライティングしていましたので、バックデイトさせて頂き、発行日設定させて頂いています。)
はてなブログでは、アクセス解析の機能が標準で付いていたり、htmlエディタも標準で付いてるので、すげえなあ、というのが最初の印象です。(浦島太郎状態ですね。)

いずれにせよ、記事作成に集中できるようなWeb環境だったので記事をガツガツ上げたら、そのサイトが1週間で1万PVを突破していました。

これはイケるな、と踏んだ私は、調子に乗って、他ブログを調べまくり、ブログツールとしてはwordpressの方が自由度があるらしい、とか広告収入を得ようとすると独自ドメインが必要らしい、ということが分かりました。(昔は独自ドメインの制限なかったので厳しくなったんだね〜、なんて思いました。)また、折角サイトを書くなら、子供の教育費の足しにもなるだろうし、本格的にサイトをやろう!と決めて、6末をターゲットに移行をすることを決めました。

「はてなブログ」で記事を書きつつ、並行して、独自ドメイン・サイト(※このサイトのことです)の移行及び記事のリライト(内容を再チェックし再編集)を実施していました。ある程度、記事が溜まった段階で、Googleアドセンスやアフィリエイト審査も通して、計画通り、6末で本サイトへ引越しを行うに至りました。

御礼

そんなこんなで記事も50以上にもなり、結果、2019/7/1〜31の1ヶ月間で本日時点で以下の通りの結果となりました。個人的には、独自ドメインに移行後、たった1ヶ月ですがこんなにたくさんの方に見てもらえて本当に感謝したいと思います。有難うございます!

Googleアナリティクス項目数値
訪問ユーザー数2,714
ページビュー数(PV数)74,869
平均セッション時間(サイト滞在平均時間)5分4秒
直帰率(1つのページを見て他のサイトに離脱する率)0.77%
再訪問率(リピーター率)28.3%
(直近の1週間で見ると41.6%)

最初の1ヶ月で約70,000PV超えというのは自分自身考えられません。驚きポイントは以下の通り。

  • 訪問ユーザーは約2,700人ということでプチ・コンサートが出来るくらいの人数です。但し、PV数に対しては、少ない数値ではあるのですが、これは逆に訪れた方が複数のページを相当見ていることを表しており、訪問者の興味/ニーズに対して、がっちり答えられているように見受けられます。その証拠に再訪問率が全体の約30%というのは相当高いと思います。
  • 直帰率について、他サイトを見ると当サイトの直帰率は神掛かったように異様に低いです。だいたい普通は40〜60%ぐらいのようですが、当サイトは0.77%なので、1,000人が初めて訪問された際に7〜8人くらいが最初のページを見て当サイト内のどこにも移動せずに他のサイトに行ってしまうという数値となります。つまり、相当、離脱率が低い良質なサイトであると言えます。^ – ^
  • サイト滞在平均時間が平均5分ということで、これも上記の他サイトにも記載ありますが、2分でも良い方のようなので、来訪されたら、結構、いろんな記事を見て頂いている兼ね合いもあり、滞在時間も平均で結構、長いのだと思います。

当サイトに訪問され、且つ、当サイト内の様々な記事を見て頂いており、重ねて御礼を申し上げます。今後も中学受験において、気になった部分や教訓として知っておいた方が良いと思う事柄について記事にしていきたいと思います。

記事としての1ヶ月の振り返り

パソコン画面上だとサイド画面にある人気記事ベスト10は過去1週間の集計を元に列挙されています。よって、月間でのベスト10というのは別で存在します。今回、折角ですので、以下に2019年7月としての月間ベスト10を記載します

第1位 戦略36)サピックスの活用術 〜偏差値編〜
やっぱり、皆さん、なんだかんだ言って偏差値、気になるんだな、と実感致します。

第2位 番外編2)入学後のママ友会 〜教訓を得る編〜
かな〜り、女子会感が伝わって来たのか、ロングテールで地味に人気なのですね。

第3位 戦略38)サピックスの活用術 〜指導編〜
結構、各記事の中でも触れることが多いのでその影響が強いのかも。

第4位 戦略35)入学後に気づいたあるある集 〜コスパ編〜
皆、お金、気になりますよね。良いんです。人間ですから。

第5位 戦略41)日能研生の悲喜交々 〜成り上がり編〜
当サイトでは、サピックスを題材として上げるケースが多い中、日能研との差分という観点で反響があるのかも。

第6位 戦略37)サピックスの活用術 〜学校説明会編〜
個人的には意外なランクイン。学校説明会について、皆さん、結構、興味があるのですね。

第7位 戦略39)サピックスの活用術 〜繰り上げ合格編〜
この記事は割と自信があったのですが、思いの外、低い・・・。皆、繰り上げ合格なんて、今の時点では気にしませんもんね。

第8位 戦略10)サピックスの凄いところ 〜生徒編〜
サピックスの生徒の生態というか、どんな子がいるのか等は知りたい人も多いですよね。納得。

第9位 戦略9)サピックスの凄いところ 〜先生編〜
サピックスの先生についても校舎によっても違うだろうし、知りたいところですよね。

第10位 戦略8)サピックスの凄いところ 〜例外編〜
サピックスから去っていく人達の特性も確かに語っているサイトそのものがあんまりないから珍しいのかも。

上記以外には、「付属校の光と陰」シリーズとか、「受験日程における虎の巻」シリーズは結構押しなんですが、なかなか微差でランクインしていませんね。。「受験ママの伴走テクニック」は結構、押し上げて良い位置にいますが、まだ最近の記事なのでそこまでView数が他と比べて高くなかったですね。。。

それでも既に約55記事程のサイトで、約1ヶ月で22記事がそれぞれ1,000Viewを超えていますので、皆様に深く感謝致します!

created by Rinker
¥2,035 (2020/03/31 06:48:22時点 Amazon調べ-詳細)

サマー企画について

長々と中学受験とは関係のない本記事にここまでお付き合い頂き有難うございます。

今回、その御礼も兼ねて、中学受験で困っている!こんなときどうすればいいの??今後、中学受験に向けてどうしましょ??について、折角の夏なので、サマー企画として、以下のページに記載頂ければ、周りの事例を元に見解も含め示したいと思います!サマー企画への参加をお気軽にどうぞ〜。

<<<<  サマー企画に参加  >>>

基本的に記事として取り扱いさせて頂き、見解含め記載したいと思います。ちなみに応援メッセージも大歓迎です。宜しくお願いします!(^ ^)

期限はこの暑い夏が終わるまで、ということで特段、期限は設けず進めます。夏の終わりを目処に順次、記事にて出せればと思います。( ^∀^)

暑い夏ですが、ストレスも多いと思いますので、ぜひ、そのストレスをお聞かせくださーい。

✨いつもご愛読頂き有難うございます!記事に共感できる方、心優しい方、面白そうと思う方、お金に余裕のある方、中学受験で悩みのある方がいましたら、投げ銭として「kanaharuの欲しいものリスト」でペンやノート、方眼紙やamazonギフト券等を掲載しておりますので1つギフトをお選び頂き、お届け先住所に"kanaharu"をご選択の上、ご提供頂けると幸いです。差出人名は秘匿でき、ハンドル名で記載変更出来ますので個人名での記載は不要となります。中学受験でお悩みがある場合、メアドをギフトメッセージに記載頂ければそのメアド宛に返信の上、お悩みに関する相談に乗ります。何か分からないことがもし、ありましたらこちらへ連絡お願いします。